このページの先頭です

  • トップ
  • 特集
  • 豆腐、納豆、豆乳、厚揚げ… ソイ・レシピ12選

醤油、味噌、豆腐、納豆……大豆製品は、日本人の食卓に昔から欠かすことのできない食材のひとつ。ヘルシーでお財布にも優しいだけではなく、「畑の肉」とも呼ばれるほど、良質なたんぱく質を含み、栄養面でも優れています。SATETOでは、そんな万能食材・大豆製品を使った様々なレシピをまとめてご紹介します。たくさんのレシピの中から気になるものを見つけて、日々の食卓に“ソイ・レシピ”を取り入れてみてください。

 

包丁いらずで手間なし&ヘルシー
「豆腐のドライカレー」

ギュッとした食感が魅力の木綿豆腐を主役に、鶏ひき肉と冷凍のミックスベジタブルを使うことで、旨みと彩りをプラス。ちょっぴりスパイシーで、お腹いっぱいになれるドライカレーです。フライパンにどんどん食材を入れて炒めるだけなので、包丁も使いません。忙しい日の夜ごはんにはもちろん、休みの日のランチに子どもと一緒に作ってみては?

 

おやつにも、おつまみにも
「こうや豆腐の唐揚げ」

だし汁を含ませたこうや豆腐に片栗粉をまぶして揚げるだけ。というなんともシンプルなレシピですが、その揚げたては、外はサックサク、中からジュワ〜ッとだし汁がしみ出してきて、病みつきになりそうなほどのおいしさです。多めに作って、残った分は翌日に、酢豚風にしたりみぞれ煮にアレンジする、なんてのも素敵なアイデアですね。

 

思いもよらぬ食材の組み合わせ…?
「トマトとツナの豆乳味噌汁」

豆乳ベースの味噌汁に、旨み成分がたっぷりのトマトをプラスしました。トマトの酸味と香ばしいツナの風味を、味噌と豆乳がまろやかに包み込み、コーンの粒々がほどよいアクセントに。さらにツナやチーズ、フライドオニオンなどを加えて洋風仕立てになっています。思った以上にあっさりしたその味わいは、和と洋のいいとこどり。パンにもご飯にも合わせやすそうです。

 

お肉を使わなくても本格派
「こうや豆腐のボロネーゼ」

こうや豆腐といえば「含め煮」が一般的ですが、そのイメージを覆すレシピはいかがでしょうか? ご紹介するのは、細かく刻んだこうや豆腐を赤ワインに浸して作る、本格派ボロネーゼソース。こうや豆腐のギュッとした食感はまるでひき肉のようで、思った以上に満足感があります。パンにのせたり、パスタと和えたりできるので、多めにつくって冷凍しておくのもおすすめです。

 

ルーを使わずおいもでとろみづけ
「根菜たっぷりの豆乳シチュー」

和風だしに豆乳といったヘルシーな食材をベースに、味噌でコクをプラス。じっくりと蒸し煮にした根菜と、さつまいも、じゃがいもで、とろみと旨みをひき出しました。ルーは一切使っていませんが、粗めに潰したおいものとろみは、まさにシチューそのもの。水を加えずに塩だけで蒸し煮にした根菜は甘みが強く、野菜が苦手な子どもたちでも食べやすそうです。

 

貝の旨みがとろりと絡む
「豆腐ステーキのあさりあんかけ」

片栗粉をつけてこんがり、ふんわりと焼いた木綿豆腐に、あさりの旨みたっぷりの“あん”が絡み、ごはんがすすむひと皿です。水分量が少なく歯ごたえがしっかりしている木綿豆腐は食べ応え抜群で、思った以上にお腹を満たしてくれるので主食としても◎。あさりを鶏ひき肉に変えたり、お好みの野菜を増やしたりと、アレンジも効きやすいレシピです。

 

ネバネバ&パリパリの相性がクセになる!
「野菜と納豆の春巻き」

食べ方がマンネリしがちな納豆ですが、卵と一緒に焼いたり、味噌汁に入れたりと、意外とその食べ方はバラエティーに富んでいます。その中でも春巻きは、納豆のネバネバ感と皮のパリパリ感が好相性の一押しアレンジ。SATEOでは、具材に切り干し大根を加えることで、食感にアクセントをプラス。おかずにはもちろん、おつまみとしても、クセになりそうな一品です。

 

その味わいはまるでチーズ
「豆腐のオリーブオイル漬け」

日持ちが短いイメージの豆腐ですが、作り置きできるのをご存知ですか? 豆腐のオイル漬けは、その名のとおり、水切りした豆腐をオリーブオイルに漬けるだけの手軽なレシピ。熟成すればするほど、まるでチーズのような味わいになる上、食材は豆腐のみなのでとってもヘルシーです。冷蔵庫にストックしておけば、サラダやパンと合わせたり、ワインのお供に大活躍します。

 

旬の食材と組み合わせてやさしい味わいに
「こうや豆腐の塩麹スープ」

こうや豆腐に、きのことかぼちゃ……と、旬の食材をふんだんに使って、鍋でコトコト煮込んだシンプルなスープです。味付けは塩と塩麹のみですが、野菜や昆布のだしが相まって、優しく味わい深い仕上がりに。こうや豆腐をパクッとほおばると、スープが口の中でジュワ〜ッと広がり、体はもちろん心もホッと一息つけるレシピです。

 

厚揚げがまるで豚の角煮に!
「厚揚げポーク巻き巻きカレー」

厚揚げと豚バラの薄切り肉というお手頃コンビで作る、食べ応えたっぷりのカレーです。一口サイズに切った厚揚げを豚バラ肉で巻いた「豚かたまり肉もどき」は、豆腐のとろりとした食感と、豚バラ肉の旨みが見事にマッチし、まるで長時間煮込んだ豚の角煮のよう。「豚かたまり肉もどき」は、そのまま焼いて照焼きにしたり、角煮風に煮込んだりと、活用の幅も広がります。

 

厚揚げをエスニック料理に!?
「厚揚げチリコンカン」

ひき肉と豆をトマトとスパイスで煮込んだポピュラーなメキシコ料理「チリコンカン」を、ひき肉ではなく厚揚げに代えて作りました。ヘルシーながらも、お肉以上に食べ応えも抜群。それほど辛くないので、子どもにもおすすめです。本場のように、トルティーヤはもちろん、パンにはさんだり、ご飯に乗せて丼ぶりにしたりと、アレンジの幅も広く、多めに作ってストックしておけば朝晩の一品に大活躍です。

 

たっぷり薬味で体が芯から温まる
「豆腐とえのきの白鍋」

たっぷりの豆腐にえのきが入った白鍋は、その名の通り、真っ白な見た目が特徴のお鍋。お鍋の名脇役である豆腐を主役に、豆乳を注ぎ、ねぎや生姜、にんにくなどの薬味を効かせました。とろとろで食べやすく、生姜やにんにくが体を芯からポカポカに温めてくれるので、子どもが風邪をひいたときなどにもおすすめです。

 

\ この記事をシェアする /