このページの先頭です

献立いろいろ お肉を使わなくても本格派「こうや豆腐のボロネーゼソース」

カロリー控えめで 常備菜にも大活躍

こうや豆腐って煮物にしていただくのが一般的なイメージですが、実はいろいろな食べ方があるのをご存知ですか? 今回ご紹介するのは、お肉の代わりにこうや豆腐を使った新レシピ。低カロリーで、しかも作り置きできる頼もしい一品です。教えてくれるのは、植物性の食材を使った料理が得意な料理家の香月さんご夫妻です。

▲ 飲食店を営むかたわら、お弁当やケータリングを通してマクロビオティックを中心とした料理を提供しています


パンやパスタやグラタンに
「こうや豆腐のボロネーゼソース」

香月夫妻が教えてくれるのは、こうや豆腐を使ったボロネーゼソース。お肉を使用していないのでカロリーが気になる方にもおすすめです。多めに作っておけば、朝晩の献立の一品やおつまみにアレンジできる常備菜になります。

\ 香月夫妻のひとこと /

こうや豆腐の食感がお肉のようで、思った以上に満足感があります。朝ごはんのパンにのせたり、パスタと和えたりできるので便利ですよ。多めにつくったソースは冷凍も可能です


材料 (6〜8人前・作り置きしやすい分量)
ひとくちこうや豆腐…1袋(約20個)
赤ワイン…150cc
玉ねぎ…大1個(約250g)
にんじん…小2本(約130g)
きのこ(しめじ・しいたけ・えのきなど)…約300g
セロリ…40g
にんにく…1片
油…少々
トマト缶(ダイス状のもの)…1缶(約400g)
水…400cc
(A)
醤油…30cc
味噌…小さじ1
塩・こしょう…適量
昆布…1切れ
ローリエ…1枚
 

作り方
1.こうや豆腐をワインに浸す

こうや豆腐をバットなどに並べ、赤ワインを注いで豆腐に染み込ませる。

香月さんに教わったポイント:
■ 赤ワインがない場合は料理酒でも
ボロネーゼ独特のコクや風味には赤ワインの使用をおすすめしますが、ご家庭にある料理酒を使ってもまったく問題ありません。

■ 煮詰めることでアルコール成分が抜けます
このあとの工程で煮詰めることでアルコール成分は完全に抜けますので、お酒の弱い方や子どもでも安心して食べられます

2.材料をみじん切りにする

玉ねぎ、にんじん、きのこ類、セロリ、にんにく、1のこうや豆腐を、細かいみじん切りにする。

香月さんに教わったポイント:
■ フードプロセッサーでもOK
みじん切りが大変だという方は、フードプロセッサーで一気に切っても大丈夫。食感が若干変わりますが、味に違いはありません

3.材料を炒める

加熱する前の鍋ににんにくと油を入れて火をつけ、弱火でフライパンを熱しながらにんにくを炒める。にんにくの香りが立ってきたら玉ねぎと人参を加えて炒める。しんなりしてきたらきのこ類を入れてさらに炒める

香月さんに教わったポイント:
■ にんにくは冷たいフライパンから
最初からフライパンが熱いと、にんにくが焦げる原因になります。油とにんにくをフライパンに入れてなじませてから火をつけることで、徐々に加熱されるうちににんにくの良い香りが出てきます。

4.こうや豆腐とトマト缶を加える

しんなりしてきたらこうや豆腐を入れて軽く混ぜ合わせ、トマト缶を加えてさらに炒める。

香月さんに教わったポイント:
■ トマトの酸味が和らいだらOK
トマトの酸味が和らげば良いので、あまり時間をかけなくても大丈夫です

5.調味料を加えて煮込む

(A) を順に加え、最後に水を加えて混ぜ、蓋をせずに弱火で20分ほど煮込む。
※味噌はご家庭にあるものをご使用ください

香月さんに教わったポイント:
■ 煮込む際は蓋をせずに
余分な水分を飛ばすために、蓋はせずに煮込みます。多少水っぽくても、粗熱がとれるととろみが出てきます

■ 焦げ付かないように注意
火加減や鍋の状態によっては底が焦げ付いてしまう場合があるので、たまに様子を見ながら混ぜましょう

6.完成

香月さんに教わったポイント:
■ 冷ますことでぐっと味が染み込みます
いったん冷ますことで味がぐっと染み込みます。もちろんできたて熱々でもおいしいですよ


さっそくパスタやパンとあわせていただきましたが、こうや豆腐のギュギュッとした食感がまるでひき肉のような一品です。こうや豆腐を赤ワインに浸すひと手間により、味も本格的なボロネーゼソースそのもの。子どもも好んで食べそうですし、何よりこうや豆腐の活躍の場がさらに広がってうれしいですね。
( SATETO編集部 堀尾 )

教えてくれたのは

香月恵嗣・千代子
お料理全般は恵嗣さん、お菓子は千代子さん担当。恵嗣さんが福岡県で飲食店を営むかたわら、お二人で野菜や大豆加工品を中心とした料理を、ケータリングやお弁当などで提供されています。一男一女との4人家族。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。