このページの先頭です

  • トップ
  • 特集
  • いつもの晩酌や来客時に 家飲みで活躍するおつまみレシピ10選

しっぽりと家でお酒を飲むのがなんだかクセになりそうな季節。そんな時にあったら嬉しいのが、酒のアテ。
ヘルシー系、おしゃれ系、がっつり系など、様々なシーンで使えるおつまみレシピをまとめて紹介します。ついつい手が伸びて、お酒もすすんでしまう一品を、気分に合わせて選んでみては。

 

財布にも嬉しい手間なしつまみ
「もやしのナムル」


サッと茹でたもやしを、醤油ベースのたれと合わせるだけという、超お手軽つまみ。鶏がらスープの素で旨みを引き立て、ごま油と唐辛子で風味づけしたもやしは、つまみ出すと止まらないおいしさです。ビールはもちろん、たまにはマッコリなどと一緒にいかがでしょうか。

 

プリプリの食感にコクのあるソースが決め手
「ほたてとブロッコリーの粒マスタード和え」


フライパンでサッと火を通し、外はプリッ、中はとろりと半生の食感になった刺身用ほたてに、粒マスタードとコクのあるマヨネーズを絡めた贅沢なマリネです。ワインにも日本酒にも合う、ちょっと大人のサイドディッシュです。

 

漬けておけばサッと出すだけ
「作り置きつまみ3種」


冷蔵庫に一晩おくだけで、珍味風の味わいが楽しめる3種のおつまみ。味噌や醤油、ポン酢など、家庭にあるものをそのまま漬けだれとして使用するだけなのに、贅沢感も漂います。常備しておけば、突然の来客時にも重宝するレシピです。

 

だし汁のサクッジュワ〜がたまらない
「こうや豆腐の唐揚げ」


含め煮以外で食べる機会の少ないこうや豆腐ですが、実は揚げ物としてのポテンシャルは想像以上に高め。だし汁を含ませたこうや豆腐に片栗粉をまぶして揚げれば、外はサクッ、中はジュワ〜、だし汁の風味豊かな一品の完成です。おつまみにはもちろん、おやつにもおすすめです。

 

甘辛い醤油たれでお酒がすすむ
「なすの肉巻きスティック」


なすに豚バラ薄切り肉を巻いてこんがり焼いたら、甘辛い醤油ベースのたれを絡めて完成。お肉の脂を吸ったなすのトロトロ食感がたまらない一品です。仕上げにラー油を回しかけると辛みがピリリと増して、さらにおつまみらしさアップです。

 

にんにくとバターの香りにノックアウト
「さといものにんにくバター醤油」


ほくほくの揚げたさといもを、にんにく、バター、醤油という禁断の組み合わせで和えました。あらかじめ皮をむいて湯通し・凍結してある冷凍さといもを使用することで面倒な下処理も省けて、思い立った時に作れる手軽さもおすすめです。

 

ハーブとレモンの香りで爽やか
「たこと玉ねぎのマリネ」


プリッとしたたこの食感と、フレッシュな玉ねぎの香りが、さっぱりとしたマリネ液によく合う一品です。SATETOでは新玉ねぎを使用していますが、時期やお好みで普通の玉ねぎやセロリなどに変えるなどアレンジが効きやすいのも嬉しいレシピ。基本のマリネ液の作り方はもちろん、記事の後半には、お好みの具材で作る色んなマリネも紹介しています!

 

揚げない手軽さが嬉しい
「カリカリ春巻きスティック」


何かと手間のかかるイメージの春巻きですが、このレシピでは揚げずにトースターでチンするだけ。中に入れるのは、ナッツ、味噌、そしてハーブなどがコクや風味を引き立てる、ひき肉仕立ての「ミートストック」。春巻き以外にも、ブルスケッタやパスタなどにも使えるので、多めに作って冷凍保存しておけば、いざという時に便利です。

 

飲みのシーンに合わせて、唐揚げの色んな食べ方楽しみたい!
「唐揚げいろいろ七変化」


カラッとジューシーな鶏唐揚げを、タルタルソースや変わり塩につけて食べるアイデアや、ピリッとスパイシーなエスニック風たれの作り方など、7種の食べ方を紹介しています。唐揚げが余った時や冷凍唐揚げがある時などに、サッと出せるおつまみとして大活躍しそうです。

 

自家製なので、贅沢に頂けるのが嬉しい
「自分でつくる鶏ハム」


鶏むね肉に塩やハーブをすり込んだら、一晩寝かせて茹でるだけ。しっとりと仕上がった柔らかい鶏ハムは、厚めにスライスしても、ダイス状にしてサラダと合わせても喜ばれそうです。ビールはもちろん、ワインや日本酒もすすみそうな贅沢な味わいです。

 

\ この記事をシェアする /