このページの先頭です

酒呑みのためのつまみ 野菜のおつまみ

つまみ始めたらシャキシャキとまらない
もやしのナムル

お財布にも身体にもうれしい 野菜の手間なしつまみ

お家でゆっくりと飲みたい時に、サッと作ってサッと出せる、手間もお金もかからないおつまみがあればうれしいですよね。節約素材の代表格といえば、やっぱりもやし! 今回は、もやしを使ったお酒にも合う一品を、料理家の宮崎さんに教えてもらいました。

▲ 料理家の宮崎さんは2児の母。授乳中のためお酒は自粛中ですが、実は利き酒師でもあります。それゆえ、お酒に合う料理のセレクトは実にお見事。


宮崎さんに教わる お酒に合うつまみRecipe

茹でたもやしを調味料と和えるだけ
「もやしのナムル」

\ 宮崎さんのコメント /

もやしの食感に加えて、ごま油ととうがらしの風味がたまらなくおいしく、わが家では“つまみぐい”しながら、もやし2袋分があっという間になくなってしまうおつまみです。ビールや焼酎とも相性抜群ですが、一緒に飲むなら、マッコリを同量のビールで割った「マッコリビール」もおすすめ。しゅわしゅわと飲みやすく、程よい甘さがナムルのピリ辛と良く合いますよ

材料
もやし… 2袋
(A)
白煎りごま 大さじ2
醤油 大さじ1
ごま油 大さじ3
鶏がらスープの素 小さじ1
とうがらし 1本
 

作り方
1.調味料を合わせる

大きめのボウルに(A)の調味料をすべて入れて混ぜ合わせる。

宮崎さんに教わったポイント:
■ とうがらしはキッチンハサミでカットが楽ちん
とうがらしは、カットすることで辛い繊維がでてきます。辛いのが苦手な方は切らずに1本まるごとで。辛い方がお好きな方は、5mm幅にカットして入れてください。さらに種も一緒にいれると辛さが増しますよ。

2.もやしを茹でる

沸騰したお湯でもやしを1分間茹でる。

宮崎さんに教わったポイント:
■ もやしは袋のまま洗って時短
もやしをざるで洗うと「網目にひげが引っかかって後片付けが大変!」なんてことありませんか? もやしの袋を開けたらそのまま水を注ぎ、袋の口を手でおさえてシャカシャカ振って洗います。洗い物も少なくなってラクチンですよ

3.もやしと調味料を和える

茹でたもやしのお湯を切り、調味液の入った1のボウルに混ぜる。

宮崎さんに教わったポイント:
■ しばらく置いて味をなじませる
作りたてもおいしいですが、30分ほど置くことで味がしっかりとなじみます。冷蔵庫に入れる場合は、ラップをもやしの表面に密着させるようにかけておくと味なじみが良くなりますよ


冷やしたものを頂いたところ、シャキシャキしたもやしの食感に、ごま油の風味とピリッとしたとうがらしがよく効いていて、宮崎さんのおっしゃる通り、おつまみなのですがぱくぱく食べてしまいそうなおいしさ。さっそくビールが飲みたくなりました。夕食のもう一品はもちろん、お弁当の隙間おかずなど色々な場面で重宝しそうな一品です。
(SATETO編集部 堀尾)

教えてくれたのは

料理教室「スマイルスマイズ」主宰
宮崎知花
大手料理教室で全国各地を転勤しながら13年勤務。福岡へ転勤後、第一子出産を機に自宅教室を開始。料理とパンが同時に学べる1回完結レッスンや、親子で一緒に料理が楽しめる親子レッスンなどを開催中です。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。