このページの先頭です

献立いろいろ プリッと焼いたほたてを和えるだけ 「ほたてとブロッコリーの粒マスタード和え」

みなさんはほたての料理を作っていますか? お恥ずかしながら私、自分で買って調理したことがほとんどありませんでした。でも実は、お刺身はもちろん、炒めても煮ても揚げてもおいしく、クセもないので色々な食材と合わせやすい優れものなんだそうです。今回は、そんなほたてを使った副菜をご紹介します。手順もシンプルで味付けも簡単。教えてくれるのは、料理家の松竹智子さんです。

▲ 教えてくれたのは、料理家の松竹智子さん。旬の野菜を中心に、日々の食卓に取り入れやすいレシピを提案されています。


recipe

ピリッとコクのあるソースが決め手
ほたてとブロッコリーの粒マスタード和え

生だと、とろりとした食感と甘みが魅力のほたては、火を通すことで魚介ならではの香りが際立ち、料理の味わいをぐっと引き締める力も持っています。今回ご紹介するのは、軽くソテーしたほたてとブロッコリーの副菜。ピリッとした粒マスタードとコクのあるマヨネーズのシンプルなソースによって、お酒とも相性抜群の大人の味わいが生まれます。使用するのは刺身用ほたて。生食用なので、サッと火を通すだけで外はプリッと香ばしく、中はとろりと半生の食感が味わえます。

\ 松竹さんからのひとこと /

クセのないほたては、合わせるものや味付けを選ばず、とっても使いやすい食材です。今回は、ごろごろのブロッコリーと一緒に、ちょっぴり大人な味付けを楽しみます。ソースはご家庭にあるものをサッと混ぜるだけ。味付けのアレンジもしやすいレシピです。
材料(2人分)
刺身用ほたて…約100g(大5粒程度)
ブロッコリー…1/4株
サラダ油…小さじ1
[A]
粒マスタード…大さじ1/2
マヨネーズ…小さじ2/dd>
 
下準備

・ブロコリーは小房に分け、ひとつまみの塩を入れた熱湯でサッと茹でておく。


作り方
1.ほたてをカット

ほたての水気をキッチンペーパーなどで拭き取り、厚みを半分に切る。

松竹さんに教わったポイント:
■ 水気はしっかりと拭き取る
ほたてや魚介類を和え物などに使用する際は、あらかじめ水気をしっかりと取っておくのがポイント。仕上がりの味がブレにくく、食感もベチャッとなりません。
■ 薄くカットするメリット
今回使用したほたては比較的大ぶりのほたて。厚みを半分にしても食べ応え十分なサイズだったことと、ソースをより絡みやすくするためにカットしました。単純に、食べられる数が増えるのも嬉しいですね(笑)。ほたてのサイズに応じて、食べやすい大きさにカットしましょう。

2.ほたてとブロッコリーを焼く

フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、1のほたてを入れて両面をサッと焼く。表面が白っぽくなってきたらブロッコリーを加えて軽く炒め、ボウルに取り出す。

松竹さんに教わったポイント:
■ 焼き過ぎに注意
今回使用しているのは生食用ほたて。せっかくの新鮮さが損なわれないように、火の通し過ぎには注意して。両面が白っぽくなったらすぐにブロッコリーを加えて、サッと混ぜたらフライパンから取り出しましょう。ブロッコリーにも火が通してあるので、全体に油が回る程度でOKです。

3.ソースを作る

粒マスタードとマヨネーズを器に入れ、よく混ぜ合わせる。

松竹さんに教わったポイント::
■ 子ども向けに味付けに変化を加えても
今回は粒マスタードを使ったちょっと大人向けの味付けですが、子どもでも食べやすい味付けにしてもいいですね。マヨネーズ+練乳も、とてもよく合う組み合わせなのでおすすめですよ。

4.和える

2のボウルにソースを加え、全体をさっくりと混ぜ合わせる。

松竹さんに教わったポイント:
■ 混ぜるのは粗熱が取れてから
マヨネーズの油分が溶けてしまうので、ほたてとブロッコリーの粗熱が取れてから和えるようにしましょう。

5.完成

このレシピで使えるコープ関連商品

北海道枝幸産刺身用ほたて貝柱 100g

解凍して刺身にも炒め物にも
MSC認証を取得している北海道産ほたてを
原料に使用しています。バラ凍結しています
ので、ご利用になりたい粒数を取り出して解
凍できます。

解凍して刺身にも炒め物にも
MSC認証を取得している北海道産ほたてを原料に使用しています。バラ凍結していますので、ご利用になりたい粒数を取り出して解凍できます。


サッとソテーすることで身が締まり、旨みもぎゅっと凝縮されたほたてに、コクのあるマヨネーズとツンとしたマスタードの辛みがよく合う大人の一品が完成しました。ほたてとブロッコリーだけのシンプルな組み合わせですが、サイドディッシュとしても申し分のない一皿。来客時にも重宝しそうなレシピです。
(SATETO編集部 堀尾)

教えてくれたのは

松竹智子
料理家。福岡市内で料理教室や食のイベントをおこなう「深草」を主宰。フードスタイリストとして、食品関係企業のレシピ提案やスタイリングなども数多く手がけている。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。