このページの先頭です

酒呑みのためのつまみ 冷凍さといもで楽ちん♪ ビールがすすむ「さといものにんにくバター醤油」

冷凍野菜でつくるおつまみ

ねっとりした独特の食感が人気の「さといも」をおつまみでも楽しみたい! そんな時におすすめなのが、食べたいときにパパッと使える冷凍さといも。下処理が不要なので手軽な上に、下ゆでされているので時短にもなる優れものです。今回はこの冷凍さといもを使ったおつまみのレシピをご紹介します。教えてくれるのは、福岡市内で料理教室を主宰する宮崎さんです。

▲ 料理家の宮崎さんは2児の母。現在授乳中のためお酒は自粛中ですが、実は利き酒師でもあります。旦那さまのためにおつまみをつくることも多く、お酒に合う素材のセレクトは絶品です


宮崎さんに教わる お酒に合うつまみRecipe

禁断の香りがお酒と食欲をそそる
「さといものにんにくバター醤油」

宮崎さんが教えてくれたのは、揚げたさといもをにんにく、バター、醤油で和えただけのシンプルなおつまみ。にんにく・バター・醤油だなんて、想像しただけで食欲がそそられます……。あらかじめ皮をむいて湯通し・凍結してある冷凍さといもを使用するので、袋から出したら凍ったまま揚げて調味料と絡めるだけで完成します。

\ 宮崎さんのコメント /

野菜の高騰が続く時期に、冷凍野菜でできるおつまみがあればと作ってみたところ、夫だけでなく子どもにも大好評でした。ビールとの相性も抜群です。冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもおすすめです。常備しておけばいつでも使えて、下処理がいらない手軽さもうれしいですね。

材料(4人分)
冷凍さといも… 1袋(約220g・約12個)
(A)
にんにく…1片(みじん切りしたもの)
バター…15g
しょうゆ…大さじ1
 

作り方
1.調味料を合わせる

(A)の調味料を大きめのボウルに入れる。

宮崎さんに教わったポイント:
■ バターは溶けていなくてOK
揚げたさといもを入れたら溶けるので、この時点ではバターは溶けていなくて大丈夫です

2.さといもを揚げる

凍ったままのさといもを油に入れてから火をつけ、油が180℃前後(高温)になるまで7~8分間ほど素揚げにする。

宮崎さんに教わったポイント:
■ 揚げ時間は泡の量を目安に
油の温度が180℃前後になると、さといもから出る泡が減ってきつね色になってきます。ひとつ上げて竹串を刺してみましょう。芋に串がスッと刺されば、油から取り出してOKのサイン
> 揚げ油の温度の目安はこちら

3.さといもと調味料を和える

揚げたてのさといもを1のボウルに入れ、バターを溶かすように軽く混ぜ合わせる。

4.完成

このレシピで使えるコープ商品

九州産さといも220g

下処理いらずで使いやすい
九州産のさといもを皮むきし、家庭ですぐ調
理できるように湯通し凍結しました。そのま
まいろいろなお料理にお使いいただけます。


食欲をそそられる、にんにくバター醤油の香りにまずはノックアウトです。一口かじると、さといも独特のねっとりホクホク感に、にんにくの効いたタレが絡んで、今すぐビールを飲みたくなるお味でした。揚げただけでこんなに柔らかく仕上がるのも、あらかじめ湯通し凍結されているさといもだからこそ。さといもは好きだけど調理の下ごしらえで躊躇してしまう方にもおすすめのレシピです。
(SATETO編集部 堀尾)

教えてくれたのは

料理教室「スマイルスマイズ」主宰
宮崎知花
大手料理教室で全国各地を転勤しながら13年勤務。福岡へ転勤後、第一子出産を機に自宅教室を開始。料理とパンが同時に学べる1回完結レッスンや、親子で一緒に料理が楽しめる親子レッスンなどを開催中です。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。