このページの先頭です

献立いろいろ 簡単で栄養満点!「キャベツと鶏肉の豆乳生姜味噌スープ」レシピ

寒い冬には温かいスープが恋しくなります。しかも具沢山のスープなら、お腹も満たされて体も心もポカポカに。今回ご紹介するのは、濃厚でコクがあり、食べ応え抜群の、お鍋みたいなキャベツのスープ。味噌と豆乳、生姜の組み合わせが絶妙な上に、鶏肉と野菜たっぷりで栄養満点。旨味たっぷりのスープは一滴残さず飲み干したくなるおいしさです。受験シーズンの夕食や体調を整えたい時などにもオススメです。

▲教えてくれたのは、料理家の松竹智子さん。 旬の野菜を中心に、日々の食卓に取り入れやすいレシピを提案されています。


栄養もボリュームも満点!
「キャベツと鶏肉の豆乳味噌スープ」

味噌と豆乳のまろやかさが食欲をそそる、栄養満点の具沢山スープ。体を温める効果のある生姜と、キャベツの甘さも加わり、滋味あふれる味わいが楽しめます。また塩麹を加えることで、コクと味に深みが増し、最後まで飲み干したくなるおいしさ。ボリュームもあるのでメイン料理にもなり、サッと炒めて煮るだけの簡単さもうれしいところ。熱々をいただきましょう!

\ 「キャベツと鶏肉の豆乳味噌スープ」調理のポイント /

身体をぽかぽかにしてくれる生姜に、疲労回復やリラックス効果のある発酵食品を組み合わせた温活効果抜群の食べるスープ。植物性タンパク質でもある豆乳は、体内への吸収スピードが緩やかで腹持ちがいいので、満足感もアップします。そして塩麹と鶏肉は相性抜群!味わいが豊かになるのでぜひおすすめしたい組み合わせです。塩麹がない場合は塩を少し加えて味を調整してみてくださいね。

「キャベツと鶏肉の豆乳味噌スープ」の材料(2~3人分)

鶏もも肉…1枚 
キャベツ…150g
玉ねぎ…1/2個
にんじん…1/2本
酒…大さじ1
水…100cc
豆乳(無調整)…150㏄
塩麹…大さじ1
おろし生姜…小さじ1/2 ※チューブの場合は約2㎝
味噌…大さじ1
塩、こしょう…少々
サラダ油…大さじ1
 

「キャベツと鶏肉の豆乳味噌スープ」の作り方

1.材料を切る

鶏肉は食べやすい大きさに切り、塩こしょうをする。キャベツはざく切り、玉ねぎは薄切り、にんじんは短冊切りにする。

2.鶏肉を炒める

大きめのフライパン、または鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、鶏肉がきつねに色になるまで焼く。

3.野菜を加える

玉ねぎ、にんじんを加え、玉ねぎがしんなりとするまで炒める。

4.煮る

水、酒、塩麹、キャベツ、おろし生姜を加えて中火にかける。煮立ったら蓋をして弱火にし、鶏肉に火が通るまで煮る。

■ 塩麹がない場合は、塩で調整を
塩麹を入れると、味にコクと深みが出て、減塩にも繋がります。塩麹がなければ、塩を少し多めに加えて味を調整しましょう。

■ 長時間煮込まなくてもOK
鶏肉にはある程度火が通っているので、長時間煮込まなくても大丈夫です。

5.味噌と豆乳を加える

鶏肉に火が通ったら、味噌、豆乳を加えて全体を混ぜ合わせる。

■ 煮込み過ぎに注意
豆乳は沸騰させ過ぎると分離してしまうので、豆乳を加えた後は煮込み過ぎないようにしましょう。

完成

まろやかでコクのあるスープの出来上がりです。これだけでお腹が満たされ、生姜の風味で体もポカポカに。冬の定番スープとしてぜひ覚えておきたいレシピです。


このレシピで使えるコープ関連商品

国産大豆の無調整豆乳 1000ml

大豆本来の風味が生きている
国産フクユタカ大豆(遺伝子組換えでない)を原料に、大豆と水だけで作った、大豆固形分9%の無調整タイプの豆乳です。

こうじたっぷり生詰あわせみそ

米と麦のこうじをたっぷりと
こうじの甘さと適度な塩味ですっきりとした味に仕上げた、色の淡い甘口のあわせみそです。

もっと詳しく

あわせみそマイルド

まろやかな甘さとコク
米と麦のこうじをたっぷり使った甘口タイプ。隠し味に生醤油を加えコクを引き立てました。

もっと詳しく

米麦あわせみそ

こうじ歩合17割(大豆1:米と麦1.7)
米こうじと麦こうじの合わせ仕込みにより、米のまろやかさと麦の風味、大豆のうまみが調和した合わせみそです。

もっと詳しく

おろししょうが

使いやすいチューブタイプ
おろししょうがの爽やかな香りと辛み。無着色。


味噌と豆乳のまろやかな味わいにピリッと生姜の刺激。スープに麺を入れてもおいしそう!もしくはスープを残して、ご飯とチーズを入れてリゾット風にしてもいいかも?…色々な食べ方が楽しめそうです!
(SATETO編集部 佐藤)

教えてくれたのは

松竹智子
料理家。福岡市内で料理教室や食のイベントをおこなう「深草」を主宰。フードスタイリストとして、食品関係企業のレシピ提案やスタイリングなども数多くおこなっています。

身体ぽかぽか温活スープレシピ

寒い夜は、身体を温めるスープが一番!夕食のメインになれるボリューム満点のスープや、汁物としてそっと添えたいあと一品のスープまで。SATETOで掲載しているスープレシピをご紹介します。

ルーなし、芋でとろみづけ
根菜たっぷり豆乳シチュー

肉は入れずに根菜たっぷり!おかずのように食べられるヘルシーな「豆乳シチュー」のレシピです。ホワイトソースいらずな上に、バターや乳製品も使いません。さつまいもやじゃがいもにじっくりと火を通してとろみづけ。根菜類も無水で蒸しあげて、野菜の旨み甘みをひきだします。

お米のとろみでほっこり
たっぷりかぶのポタージュスープ

旬の野菜、かぶを丸ごと使ったポタージュスープ。煮たり炒めたり、もちろん生でもおいしいかぶは、とろんとあったかいポタージュスープにもおすすめです。とろみ付けに使うのは、小麦粉ではなくお米。一緒に煮込むだけなのでとっても簡単です。小麦粉よりもやや優しい甘みを感じてほっこりといただけます。

切干大根の戻し汁が、だし代わり
切干大根ときのこのミルクスープ

たっぷりのきのこと切干大根を使った、味わい深いクリームスープ。サラダチキンを入れることで、火を通す時間を短縮できるのはもちろん、醤油や塩などを使わずに、コク旨スープが完成します。切干大根の栄養も逃がすことなくいただけるのもうれしいですね。

変わり種味噌汁で食卓に変化を
トマトとツナの豆乳味噌スープ

旨み成分がたっぷりのトマトと豆乳を思い切って味噌汁にプラス。トマトに合わせてツナやチーズ、フライドオニオンなどを加えて洋風仕立てにしてみました。和食洋食、どちらにも合わせやすいさっぱりとした味わいで、彩り豊かな見た目が食欲をそそります。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。
※こちらはご覧いただきました記事に関するご感想をお聞かせいただくことを目的としております。商品等個別のお問い合わせにつきましては、正確に調査・回答させていただくために、こちらのフォームをご利用ください。