このページの先頭です

献立いろいろ コク×酸味でご飯がすすむ!「豚ひき肉としめじとブロッコリーのバターポン酢炒め」

食欲はなくなるし、料理をするのも面倒だし、ついつい野菜不足なメニューになりがちな夏の食卓。そんなときにこそ作って食べたい、きのこを使ったご飯のすすむお手軽おかずをご紹介します。教えてくれるのは、料理家の松竹智子さんです。

▲ 旬の食材を中心としたオリジナリティ溢れるレシピを、日々の食卓に取り入れやすいかたちで提案されています。


recipe1

酸味とコクの絶妙な味わいが決め手
豚ひき肉としめじとブロッコリーのバターポン酢炒め

ご紹介するのは、ブロッコリーのシャキシャキ感が、しめじと豚ひき肉の旨みを引き立ててくれる一品です。味付けは、バターとポン酢、という私にとっては初めての組み合わせ。さて、どんなお味に仕上がるのでしょう?

\ 松竹さんからのひとこと /

冷蔵庫の常備野菜に欠かせないしめじは、豚肉と合わせると、栄養価がアップする、夏バテ解消にぴったりの食材。これに、ブロッコリーを合わせれば、彩りと食感、そしてボリュームがプラスされます。ひき肉は豚でも鶏でもOK。豚バラ肉に変えるとさらにボリュームのある一品になります。ブロッコリーの代わりにアスパラを使ったり、ポン酢をすし酢やめんつゆに変えてもいいですね。

材料(2人分)

豚ひき肉…150g
しめじ…1袋(約180g)
ブロッコリー…1/2株
バター…大さじ1と1/2
塩…少々
黒胡椒…少々
ポン酢…大さじ2~2と1/2
(A)
ポン酢…大さじ2~2と1/2
片栗粉…大さじ1/2
 
 

下準備

・しめじとブロッコリーは小房に分けておく。
・ブロッコリーを耐熱皿にのせ、水大さじ1~2杯程度を回しかけ、ラップをして、電子レンジ(600W)で1分30秒~2分加熱する。
・(A)の調味料を混ぜ合わせておく。

作り方

1.(A)の調味料を混ぜ合わせておく。

ボウルに豚ひき肉と(A)を入れて、馴染むまで混ぜる。

松竹さんに教わったポイント:
■ このひと手間を忘れずに
肉の旨みが逃げないように、片栗粉で味を閉じ込めます。片栗粉のコーティングで、しっとりとした仕上がりになりますよ。

2.炒める

フライパンにバターを入れて、強めの中火にかける。バターが溶けてきたらひき肉を加えてポロポロになるまで炒める。

3.野菜を加える

しめじを加えて、しんなりしてきたらブロッコリーを加えてさっと炒める。

4.味を付ける

塩と黒胡椒を振り、ポン酢を加えたら汁気が絡むまで炒め合わせる。

5.完成

このレシピで使えるコープ商品

ぶなしめじ福岡県産 180g

充実のボリューム感
九州一の生産地・福岡県三潴郡大木町よりお
届け。ボリュームたっぷりで、風味が良くて
味わいも◎

充実のボリューム感
九州一の生産地・福岡県三潴郡大木町よりお届け。ボリュームたっぷりで、風味が良くて味わいも◎


しめじは、加熱すると見た目の量が少なくなってしまうけど、ブロッコリーでかさ増しすれば、ボリュームが出て彩りも美しくなりますね。そしてそして、気になるバターポン酢のお味はというと…バターのコクでポン酢の酸味がまろやかになり、逆にポン酢の酸味がバターの濃厚さをあっさり味にしてくれて、ほど良い酸味とコクがクセになりそうです。肉でも魚でも野菜でも、色々使えそうな組み合わせ、みなさんもぜひ試しくださいね。
(SATETO編集部 門司)

教えてくれたのは

松竹智子
料理家。福岡市内で料理教室や食のイベントをおこなう「深草」を主宰。フードスタイリストとして、食品関係企業のレシピ提案やスタイリングなども数多くおこなっています。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。