このページの先頭です

献立いろいろ 自宅で手軽にプロの味。 基本の「ペペロンチーノ」レシピとアレンジ

オイルパスタの定番といえば、にんにくと唐辛子の風味が効いたシンプルなペペロンチーノ。「使う材料も少なく、作り方は至って簡単なのに、お店の味と違うのはなぜ?」と思うことありませんか?今回はオイルパスタの基本ともいえる、ペペロンチーノの作り方をマスターしましょう!コツを掴んでおいしく作れるようになったら、あとは具材をアレンジするだけ。いつでもお店のような本格パスタが楽しめますよ。

▲ 教えてくれたのは、料理家のSHIMAさん。フードディレクターとして日々ブログやインスタグラムにレシピを更新されています。SHIMAさんのインスタグラムはこちら


recipe01

決め手は、しっかり“乳化”させること
基本のオイルパスタ「ペペロンチーノ」

オイルパスタを上手に作るコツ。それはズバリ「乳化」!オイルとパスタのゆで汁を白くなるまで混ぜ合わせ、とろみをつけることで味が劇的にレベルアップします。教えてもらうのは、よく休日のランチにパスタ料理を作るという料理家のSHIMAさん。シンプルながらもにんにくの香りが食欲をそそる “オイルパスタの基本・ペペロンチーノ”をぜひマスターしましょう!

\ 調理のポイント /

レストランのシェフからおしえてもらったのが、今回のポイントとなる「乳化」のテクニック。さらにパスタは“作る手際”も大切です。パスタを茹でている間に、フライパンでにんにくの香りを出す…など、全体の流れと手順を事前に掴んでおくと作業効率が上がり、一番おいしい状態でいただけますよ!

材料(2人分)

オリーブオイル…大さじ6(90ml)
にんにく…2片(皮を剥いて縦半分にカット)
輪切り唐辛子…小さじ1/2
塩こしょう…ふたつまみ
パスタ…160g
パセリ…適量
 
☆パスタを茹でる用
水…2リットル
塩…20g

作り方

1.パスタ用の湯を沸かす

パスタを茹でるために、鍋に水を入れ、沸いたら塩を入れる。

茹で方のコツ:

■お湯と塩の量は?
お湯の量は茹でるパスタの10倍以上を目安に(パスタ100gでお湯1ℓ以上)、お湯の量の10%の塩を加えます。1人前のパスタの場合は、お湯1ℓ・塩 10gが目安。2人前の場合は、お湯2ℓ・塩20gを目安にして茹でます。パスタに塩味をつけることでおいしさとコシがアップします。

2.具材の香りを出す

フライパンにオリーブオイル、にんにく、輪切り唐辛子を入れる。火をつけて弱火でじっくりと炒めて香りを出す。

具材を温めるコツ:

■具材を入れた後に火にかける
焦げないように、具材を入れた後に火をつけます。

3.パスタを茹でる

1.が沸いたら、袋の表記通りにパスタを茹でる。

おいしく茹でるコツ:

■お湯で泳がせるように
お湯の量が少ないと、パスタ同士がくっついたり、硬く仕上がったりすることもあります。なるべく深い鍋を用意し、たっぷりのお湯で麺を泳がせるように茹でましょう。

4.ゆで汁を加える

2. のにんにくに少し焼き色がついたら中火にする。パスタのゆで汁(お玉2杯分・約180㏄)を加える。

おいしく仕上げるコツ:

■にんにくと唐辛子の風味をオイルに移す
しっかりとオイルを温めて、にんにくと唐辛子の風味をオイルに移した後に、ゆで汁を加えます。

5.乳化させる

中火にして、トロッとするまで全体を混ぜながら煮詰める。

乳化のコツ:

■とろみが出るまで!
ここが一番のポイント!グツグツと気泡が出て、全体が白っぽくなるまで約1~2分ほどお玉でグルグルと混ぜながら煮詰めます。オリーブオイルと茹で汁がなじんで、とろみがつけばOK。

6.パスタを加える

茹で上がったパスタを湯切りし、5. に加える。塩コショウで味を整える。

7.完成

全体を混ぜて、パスタにしっかりとオイルを絡ませたら完成!たっぷりのオリーブオイルを使ったにもかかわらず、油っぽくなく、にんにくの香りひろがるペペロンチーノに。おいしさの決め手となる「乳化」と、「作る工程」を事前に把握しておけば、簡単に効率よく作れます。
何度か作って、ぜひマスターしてください!


recipe02

基本のペペロンチーノの具材アレンジ
「キャベツとかにかまのオイルパスタ」

基本のオイルパスタをマスターしたら、次は具材をアレンジしてレシピの幅を広げましょう。冷蔵庫を開けてかにかまとキャベツを見つけたら、ぜひ作って欲しいのがこちらの一品。かにかまの旨味とキャベツの甘み、そしてにんにくの風味が効いたオイルがパスタに絡まり、あっという間にペロリ。休日のランチにピッタリです!

\ 調理のポイント /

「基本のオイルパスタ」に、キャベツとかにかまを加えるだけのお気軽パスタ。作る手順は同じなので、基本の作り方さえマスターしておけば簡単に作れちゃいます! 具材を加える時は、少し多めのオリーブオイルを使います。やはりおいしさの決め手は「乳化」。ゆで汁を加えたら、しっかりと混ぜ合わせてくださいね!

材料(2人分)

キャベツ…140g
かに風味かまぼこ…5本(約80g)
オリーブオイル…大さじ8(120ml)
輪切り唐辛子…小さじ1/2
にんにく…2片(皮を剥いて縦半分に切る)
塩こしょう…ふたつまみ 
パスタ…160g
 
☆パスタを茹でる用
水…2ℓ
塩…20g

下準備

・かに風味かまぼこは手でほぐしておく

作り方

1.キャベツを切る

キャベツを大きめの細切りする。

2.「基本のオイルパスタ」をつくる

「基本のオイルパスタ」の手順1~3の通り、パスタを茹でながら、フライパンにオリーブオイル、にんにく、輪切り唐辛子を入れて弱火にかける。

3.具材を炒める

フライパンのにんにくに少し焼き色がついたら、中火にしてキャベツとかに風味かまぼこを加えて炒め合わせる。

4.乳化させる

中火にし、2. のゆで汁を加えて全体をしっかりと混ぜ合わせて乳化させる。

おいしく仕上げるコツ:

■オイルパスタの基本は乳化!
「基本のオイルパスタ」手順④と同様に、お玉2杯分(約180㏄)のパスタのゆで汁を加えます。しっかりと混ぜ合わせて乳化させて!

5.パスタを加え、味を整える

茹で上がったパスタを湯切りし、フライパンに加えて全体を混ぜ合わせる。塩コショウで味を整える。

おすすめ味変:

■好みの味に変えてもOK
白だし(大さじ2)を加えれば和風味に。ポン酢(大さじ2)を加えれば、食欲そそるさっぱりとした味に。お好みに合わせてそれぞれ楽しんでみて!

6.完成

にんにくの風味はもちろん、かに風味かまぼこのうま味が効いたおいしいパスタのできあがり!オリーブオイルを多めに入れたにも関わらず、ベタベタとしていないのは、しっかりと乳化されている証。もうこれでいつでもおいしいオイルパスタが作れます!


このレシピで使えるコープ関連商品

イタリアスパゲッティ 1kg(1.3mm)

デュラムセモリナ100%スパゲッティ
デュラム小麦のセモリナ(粗挽き粉)100%使用。プリッとした歯ごたえのあるスパゲッティ。麺の太さは冷製パスタやオイル系のソースとよく合う1.3mm。

もっと詳しく

オリーブオイル 400g

クセがなくマイルドな風味のオリーブオイル
パスタ料理、煮込み料理、魚介料理等の欧風料理、揚げもの等、幅広くお使いいただけます。

もっと詳しく

かに風味かまぼこ 82g×5本

ほんのりかにの風味と、抜群のほぐれやすさ
新鮮なすり身の淡白なうまみと食感、ほぐれの良さが人気。料理素材品としてサラダ・酢の物・スープにどうぞ。


おいしく作れないのは、きっといいオリーブオイルやパスタ麺を使っていないからだと思っていました…。素材のせいではないのですね(笑)。オリーブオイルの量や、パスタを茹でる時に入れる塩の量も、今まで全然足りていなかったことを知り、「へー!」の連続でした。 “乳化”を習得できたので、これで自宅でもおいしいパスタが作れそうです!
(SATETO編集部 佐藤)

教えてくれたのは

料理家 SHIMA
「簡単、時短、節約、おしゃれ」をモットーにレシピを考案しているSHIMAさん。料理家の傍ら、撮影・映像編集もこなし、ブログYouTubeインスタグラムでは解説付きのレシピを日々更新されています。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。
※こちらはご覧いただきました記事に関するご感想をお聞かせいただくことを目的としております。商品等個別のお問い合わせにつきましては、正確に調査・回答させていただくために、こちらのフォームをご利用ください。