このページの先頭です

献立いろいろ なんちゃって中華

しょうがとごま油を効かせた
うまみたっぷりの「中華風炊き込みご飯」

子どもから大人まで、みんな大好きな中華。しかし、いざ作るとなると手に入りにくい調味料があったり、手順が多かったりして断念してしまうことも…。料理家のSHIMAさんに、思い立った時にパパっと作れる“なんちゃって中華”を教えていただきました。

▲ 見た目にもこだわった、彩り豊かな料理が得意なSHIMAさん。料理YouTuberとして日々ブログやYouTubeチャンネルにレシピを更新中


香月夫妻に教わる 季節のおにぎりRecipe

だしのうまみたっぷりの
「中華風炊き込みご飯」

炊飯器に具材を入れたらスイッチオンするだけ。干ししいたけのだし汁と生姜が相性抜群の炊き込みご飯です。ごま油を加えることでご飯がツヤっと輝き、おこわ風に仕上がります。

\ SHIMAさんのひとこと /

炊飯器まかせでおいしく仕上がる炊き込みご飯は、「だし」が肝心。干ししいたけを戻すときは、じっくりと時間をかけて戻しておくと、味がグッと引き締しまります。炊き上がって蓋を開けた瞬間に、ふわっと漂うごま油とだしの香りは最高に食欲をそそりますよ。

材料 (2〜3人分)
米…2合
にんじん…1/2本
たけのこ水煮(細切り)…1/2袋(約40g)
干ししいたけ(戻したもの)… 2個
油揚げ…2枚
しょうが…1片
ツナ缶(油無添加)…1缶
ごま油…小さじ1
しょうゆ…大さじ1
酒…大さじ1
オイスターソース…大さじ1
干ししいたけの戻し汁…200ml
水…200ml
青ネギ…適宜
 

下準備

干ししいたけを水につけて戻しておく

SHIMAさんに教わったポイント:
■ 干ししいたけは冷水で戻す
わが家では、冷蔵庫でひと晩かけてじっくりと戻しています。冷蔵庫に入れながら冷水にして戻すことで雑味が出るのを防ぎ、うま味成分が出やすいといわれています。何度も戻すのは手間がかかるので、多めのしいたけ(8個〜10個ほど)を800mlほどの水で戻して常備しておくと便利ですよ。お味噌汁や煮物、スープなどいろいろな料理に活用することができます。残った分は、椎茸を入れたまま冷蔵庫で保存し、3〜4日で使い切るようにしましょう。

作り方
1.材料を切る

にんじん、油揚げ、干ししいたけ(戻したもの)、しょうがをせん切りにする

2.炊飯器に具材をセットする

米を研いで炊飯器に入れる。干ししいたけの戻し汁と水を合わせて2合分の目盛りまでくるように注ぐ。ねぎ以外の具材、調味料を加え、さい箸でさっと混ぜて通常通りに炊く

3.完成

炊き上がったら、しゃもじでさっくりと混ぜる

お好みで青ネギをのせていただきます


このレシピで使えるコープ商品

ライトツナフレークまぐろ
油無添加70g×4

きはだまぐろを使用した国内製造のツナ
缶です。野菜・昆布・ホタテのエキスが入っ
た調味液を使用しました。


ごま油の香りが食欲そそるしっかりとした味わいで、生姜のさわやかな香りと辛みが効いているので、何杯でもおかわりしたくなるくらいパクパクと食べられます。カットする食材も少なく、炊飯器に入れたらあとはほったらかしでOKな手軽さもいいですね。
( SATETO編集部 寺尾 )

教えてくれたのは

料理家 SHIMA
「簡単、時短、節約、おしゃれ」をモットーにレシピを考案しているSHIMAさん。料理家の傍ら、撮影・映像編集もこなし、ブログYouTubeでは解説付きのレシピを日々更新されています。

コメント

  1. ぷにこ

    冷凍の刻み薄揚げを使って、さらに時短で作りましたっ!
    炊き上がるころにごま油の香りがふわーと漂って、家族みんなが食欲そそられまくりました。
    ツナ缶で簡単だし、わが家の炊き込みご飯の常連決定です

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。