このページの先頭です

献立いろいろ 芳醇なだしと野菜の甘みがアクセント 「あさりと彩り野菜の炊き込みご飯」

旬を迎えたあさりは、身がぷっくりして旨味たっぷり、最高の海の幸です。この時期になると、休日は家族で潮干狩りを楽しむ方も多いのではないでしょうか?あさりを手に入れたら作ってみたい、春にぴったりのレシピをご紹介します。

▲ 福岡県内を拠点に、お弁当やケータリングを通して野菜中心のお料理を提供されている香月夫妻。現在、自分たちの料理を提供できる新しい空間づくりを構想中だとか?


香月夫妻に教わる 季節のおにぎりRecipe

ミックスベジタブルを使って手軽に
「あさりと彩り野菜の炊き込みご飯」

香月夫妻に教わるのは、あさりのだしに、にんにくと玉ねぎの旨味をしっかり効かせた洋風炊き込みご飯です。あさりの風味を目一杯楽しむため、あえて調味料は使いません。合わせるのは、冷凍のミックスベジタブル。赤・黄・緑の彩り豊かな仕上がりに加え、野菜の甘みがほどよいアクセントになり、子どもたちも大喜びです。

\ 香月夫妻のひとこと /

あさりのだしを効かせた炊き込みご飯に彩りをプラスできるものはないかと色々試したところ、冷凍のミックスベジタブルにたどり着きました。見栄えはもちろん、あさりとの相性も良く、凍ったまま入れるだけの手軽さ。おいしいあさりが手に入るこの時期に、気軽に試してほしいレシピです

材料 (4人分)
あさり(殻付き)…350g
米…2合
冷凍ミックスベジタブル…150g
玉ねぎ…小1/2個(約50g)
にんにく…1片
白ワイン…50ml
ローリエ…1枚
オリーブオイル…大さじ1
水…50ml
大葉…2枚
 
下準備

・あさりは砂抜きしておく
・玉ねぎは薄くスライスしておく


作り方
1.にんにくと玉ねぎを炒める

鍋にオリーブオイルと潰したにんにくを入れて弱火で炒める。にんにくの香りが立ってきたら、スライスした玉ねぎとローリエを加えて中火で炒める。

香月さんに教わったポイント:
■ にんにくは手のひらまたは木べらなどで潰して
にんにくは香りづけのために使用するので、1片そのまま使用します。より香りが出やすいよう、手のひらまたは木べらなどで上から体重をかけるようにして、割れ目を入れる要領で軽く潰しておきます

2.白ワインと水を加える

玉ねぎが透き通ってきたら、白ワインと水を加える。

香月さんに教わったポイント:
■ 白ワインがなければ料理酒でも
魚介特有の臭みを消すために白ワインを使います。ご家庭にない場合は料理酒を使用してください

3.あさりを加える

あさりを加えたら蓋をして弱火にし、ときどき鍋をゆすりながら、あさりの口が開くまで蒸し煮にする。

香月さんに教わったポイント:
■ あさりの口が開いたらサッとあげる
あさりは火を通しすぎると身が硬くなってしまうので、口が開き切ったら火を止めてサッとあげましょう
■ 蓋つきの鍋を使用する
蒸し煮にするため、蓋がきっちりと閉まるものを選びましょう

4.あさりのだし汁を取り分ける

3をザルにあげ、あさりのだし汁をボウルにうつす。

香月さんに教わったポイント:
■ 役目を終えた玉ねぎとにんにくは…?
だしをとった後の玉ねぎとにんにくは、ここでいったん役割が終了します。捨ててしまわずに醤油を数滴たらして混ぜ合わせれば、あさりの風味が抜群に染み込んだ副菜に変身しますよ。小鉢に入れて添えてみてはどうでしょう

5.米を炊く

米を研いで炊飯器に入れ、4のだし汁を入れて、2合の目盛りまで水(分量外)を加える。ミックスベジタブルを加え、炊飯のスイッチを押して通常通りに炊く。

6.あさりの殻をむく

あさりの身を殻から外す。

香月さんに教わったポイント:
■ 片方の殻をヘラがわりにすると便利

あさりの身のついていない方の殻を外してヘラ代わりに
して、殻で貝柱をこそぐように取ると簡単に身が外れます

あさりの身を殻からはずす。

香月さんに教わったポイント:
■ 片方の殻をヘラがわりにすると便利

あさりの身のついていない方の殻を外してヘラ代わりにして、殻で貝柱をこそぐように取ると簡単に身が外れます

7.ご飯にあさりを混ぜる

ご飯が炊き上がったら、6のあさりを加えてやさしく混ぜる。

8.完成

千切りにした大葉を散らして完成。


このレシピで使える コープ商品

活あさり

栄養たっぷり旬の味
熊本県有明海よりお届けします。調理前に軽く砂抜きして下さい

ミックスベジタブル

炒飯、炒め物、サラダにも
アメリカ産のスーパースイートコーン、グリーンピース、人参を40:30:30でミックスしました。加熱するメニューには凍ったまま使えます。


ふっくらしたあさりがゴロゴロ入った贅沢な炊き込みご飯が完成しました。ミックスベジタブルの甘みと散らした大葉の香りも相性抜群。何といっても、あさりとにんにくのダシがしっかり効いていて、何杯でも食べられてしまいそうなおいしさです。春のこの時期だからこそ、作ってみたいレシピですね。
( SATETO編集部 堀尾 )

教えてくれたのは

香月恵嗣・千代子
お料理全般は恵嗣さん、お菓子は千代子さん担当。恵嗣さんが福岡県で飲食店を営むかたわら、お二人で野菜や大豆食品を中心とした料理を、ケータリングやお弁当などで提供されています。一男一女との4人家族。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。