このページの先頭です

献立いろいろ トマトとセロリで新感覚のおいしさ 「たけのこの洋風炊き込みご飯」

数ある春野菜のなかでも、ひときわ旬を感じさせてくれる「たけのこ」。店頭で見つけたら、春の訪れを実感せずにはいられません。栄養をたっぷりと蓄えた新たけのこが手に入ったら、ぜひ作って欲しいのが、たけのこご飯です。和風の味付けにする方も多いと思いますが、今回は料理家のコンドオさんに、トマトの酸味が味わい深い「洋風たけのこご飯」を教えていただきました。

▲ 教えてくれるのは、料理家のコンドオミユキさん。野菜をたっぷり使ったレシピやアレンジしやすいオリジナルメニューがお得意です。


recipe

仕上げのセロリで大人の味わいに
「たけのことトマトの洋風炊き込みご飯」

たけのこご飯といえば、だし汁、油揚げ、薄口しょうゆなどで作る和風味が王道ですが、今回はトマトの水煮を使って洋風に仕上げます。たけのこは食感も楽しみたいので、少し大きめにカットしましょう。あとは必要な材料を炊飯器に入れたら、スイッチオン!最後に加えるセロリがアクセントとなり、いつもと違ったたけのこご飯のできあがりです。

\ コンドオさんからのアドバイス /

せっかくの春ならではの味わい。土佐煮や若竹煮、天ぷらだけではなく、いろんな料理で楽しみましょう。たけのこは淡泊なので、グリルしてバジルやチーズなどと一緒に洋風に仕上げてもおいしいですよ。

材料(4人分)
白米…2合
たけのこ…1/2本(約150g)
セロリ…1/2本(約50g)
にんにく…1片
トマトの水煮…300g
ベーコン…4枚
ローリエ…2枚
[A]
赤ワイン…大さじ2
塩…小さじ1
こしょう…適量
オリーブオイル…大さじ1
 
 
下準備
  • ・米を研いで20~30分ほど水に浸し、ザルに上げておく
  • ・トマトの水煮は、包丁で細かく刻むか潰しておく
  • ・たけのこは乱切り、にんにくはみじん切り、ベーコンは2センチ幅にカットする
  • ・セロリは葉の部分は粗みじん、茎は薄くスライスする。

作り方
1.米とトマトの水煮を入れる

炊飯器に米、トマトの水煮、[A]を入れ、炊飯器の2のメモリまで水を入れる。

コンドオさんに教わったポイント:
■トマトの水煮は粗く潰す
ザルを使ってトマトの固形分を取り出したら、包丁や手で粗く潰します。
■米を炊く水量にトマトも含めて
トマトの水煮も加えた状態で、炊飯器のメモリ2まで水を入れます

2.具材を加える

たけのこ、ベーコン、にんにくを炊飯器に加え、最後にローリエを大きめにちぎりながらのせたら、いつも通りに炊く。

コンドオさんに教わったポイント:
■ローリエは手でちぎる

ローリエは手で軽くちぎって入れると、全体に香りが広がります。

3.炊き上がったら10分蒸らす

炊き上がったらローリエを取り除き、セロリをご飯の上に散らして全体を混ぜる。再度炊飯器を閉めて、そのまま10分蒸らす。

コンドオさんに教わったポイント:
■春セロリの香りも一緒に

春セロリは生のままで。強い香りが、全体の味を引き締めてくれます。

4.完成

たけのこがたっぷりと入った、トマトベースの炊き込みご飯ができました。器の中から春を感じる一品です。粉チーズをかけてリゾット風にしても美味しくいただけるそうですよ。


このレシピで使えるコープ商品

イタリア産カットトマト 300g

保管、開封、後始末に便利な紙パック
真っ赤に熟れたイタリア産のトマトを、現地
で紙パック容器に詰めました。調理しやすい
ようにカットしてあります。開け口にミシン
目が入っているので簡単に開封でき、使用後
は潰して紙として処分できます。常温で2年
6カ月保存できます。

保管、開封、後始末に便利な紙パック
真っ赤に熟れたイタリア産のトマトを、現地で紙パック容器に詰めました。調理しやすいようにカットしてあります。開け口にミシン目が入っているので簡単に開封でき、使用後は潰して紙として処分できます。常温で2年6カ月保存できます。

 

 


毎年、田舎からたけのこが届くと「春が来たなぁ♪」と実感します。でもたけのこご飯、煮物、炒め物など、一通り楽しんだら、あとはレパートリーが無くなって段々飽きてくる始末…。どうしても和風で食べることが多いのですが、洋風でも合うなんて!新しい発見です。
( SATETO編集部 佐藤 )

教えてくれたのは

料理家 コンドオミユキ
イートプランナーとして、レシピ制作や食品撮影スタイリング、器のコーディネイト等を中心に活動。イラストレーター、美容家としての一面も持ち、「食」と「美」を中心とした「暮らしを楽しむ提案」を発信している。コープ歴18年。「ただの炭酸水」がお気に入り。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。