このページの先頭です

献立いろいろ ヨーグルトでしっとり食感。鶏ムネ肉でつくる「スパイシータンドリーチキン」

お手頃価格で手に入れやすくて、高タンパク低脂肪な鶏ムネ肉は、献立に積極的に取り入れたい食材のひとつ。ただ、パサつきやすいのが悩みのタネだったりします。今回は、料理家のSHIMAさんに、鶏ムネ肉をしっとり仕上げるコツを教えていただきました。作るのは、通常鶏モモ肉を使うことが多いタンドリーチキン。ヨーグルトと一緒に漬け込むことで、「乳酸」が肉の筋繊維をほぐし、鶏ムネ肉でもやわらか食感に仕上がります。

▲教えてくれたのは、彩り豊かな料理が得意なSHIMAさん。料理YouTuberとして日々ブログやYouTubeチャンネルにレシピを更新されています。


recipe

漬けて焼くだけの2ステップ
「鶏ムネ肉のスパイシータンドリーチキン」

ヨーグルトに漬け込むことで、スパイシーながらもヨーグルトのまろやかな風味を奥に感じる味わいに仕上がります。鶏肉は漬け込んだ状態で、1〜2日ほど日持ちするので、来客があるときなどは前日から漬け込んでおくと、当日段取りよく仕上げることができますよ。

\ SHIMAさんのひとこと /

鶏ムネ肉は淡白な味わいなので、どんな味付けとも相性のいい万能食材。漬け込み時間は1時間からでOKですが、前日から漬け込んでおくと、よりしっとりとした食感に仕上がります。ビールが飲みたくなるスパイシーな味わいです。

材料
鶏ムネ肉…2枚
 
(A)
カレー粉…大さじ2
ヨーグルト…大さじ4
おろししょうが…小さじ2
おろしにんにく…小さじ2
しょうゆ…大さじ2
オリーブオイル…大さじ2

作り方
1.鶏ムネ肉に穴を開ける

鶏ムネ肉の両面にフォークでランダムに穴を開ける。

SHIMAさんに教わったポイント:
■穴を開けることでやわらかく

穴を開けることによって味が浸透しやすくなり、やわらかさが増すのと、お肉の焼き縮みを防いでくれるうれしい効果があります。

2.鶏ムネ肉を切る

全体の厚さが均一になるよう観音開きにして、ひと口大に切る。

SHIMAさんに教わったポイント:
■皮はとりのぞいてもOK

皮が苦手な方は、この時点で剥がしても大丈夫です。

3.下味をつける

ジッパー付きの保存袋に2.と(A)を入れ、空気をしっかり抜いて袋の口を閉じる。袋を揉み込みながらしっかり混ぜ合わせたら、冷蔵庫で1時間ほど置く。

4.フライパンで焼く

フライパンにオリーブオイル(分量外)を入れ、中火にかける。フライパンが温まったら3.を入れて焼く。

5.蒸し焼きにする

片面に焼き目が付いたらひっくり返し、ふたをして弱火で蒸し焼きにする。

6.完成

お皿に盛り付けたら完成。


このレシピで使えるコープ商品

プレーンヨーグルト470g

なめらかな口あたり
大分県産(日田・くじゅう地域)の生乳を使用した
プレーンヨーグルトです。生乳を85%配合し、な
めらかな口あたりの食感に仕上げました。

なめらかな口あたり
大分県産(日田・くじゅう地域)の生乳を使用したプレーンヨーグルトです。生乳を85%配合し、なめらかな口あたりの食感に仕上げました。


「これが鶏ムネ肉!?」と聞きたくなるようなしっとり食感にびっくり。クセになるスパイシーな味わいが食欲をそそり、ご飯何杯でもいけちゃいそうです。レモン汁をかけて、さわやかな味わいに変化させながら食べるのもいいですね。
(SATETO編集部 寺尾)


教えてくれたのは

料理家 SHIMA
「簡単、時短、節約、おしゃれ」をモットーにレシピを考案しているSHIMAさん。料理家の傍ら、撮影・映像編集もこなし、ブログYouTubeでは解説付きのレシピを日々更新されています。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。