このページの先頭です

献立いろいろ 自分好みにサッとアレンジ 切干大根の和え物2品

切干大根といえば煮物が一般的ですが、水戻ししたらサッと和えるだけの“和え物”としても最適。味付けにひと工夫加えれば、飽きのこない箸休めの一品に変身します。しっかりめの歯応えと凝縮された旨みは、ご飯やお酒にもぴったりです。

▲ 教えてくれたのは、料理家のSHIMAさん。フードディレクターとして日々ブログやインスタグラムにレシピを更新されています。SHIMAさんのインスタグラムはこちら


recipe

ごま油とにんにくの香りが食欲そそる
切干大根のナムル

\ SHIMAさんからのひとこと /

シンプルな味わいながら、箸が止まらないおいしさのナムル。ごま油とにんにくの香りが効いて、切干大根特有の匂いも気にならなくなります。少量の野菜は、レンジを使うことでより手軽に調理できます。

材料(4人分)

切干大根(乾燥)…20g
ほうれん草…1束(約70g)
にんじん…中1本(約100g)
おろしにんにく…小さじ1/4(チューブなら5mm程度)
煎りごま(なければすりごま)…大さじ1
塩…小さじ1/2
ごま油…大さじ1
 
 

下準備

・切干大根は流水でもみ洗いした後、10分ほど水で戻し、固く絞って水気を切っておく。

作り方

1. ほうれん草を加熱

ほうれん草はラップで軽く包み、電子レンジ(600W)で2分間加熱する。水洗いしてアクを抜いたら絞るように水気をよく切り、3cmの長さにカットする。

SHIMAさんポイント:
■ レンジ加熱後はさっと水洗いしてアクを抜きましょう。冷凍ほうれん草を使えばアク抜き要らずで便利ですよ。

2. にんじんを加熱する

千切りにしたにんじんを耐熱容器に入れ、大さじ1程度の水(分量外)を振りかけたら軽くラップをかけ、電子レンジ(600W)で2分間加熱する。

3. 材料を合わせる

水戻しした切干大根と1のほうれん草、2のにんじんを合わせ、おろしにんにく、煎りごま、塩、ごま油を加えて全体を和える。

4. 完成

ごま油とにんにくの香りが食欲そそるナムルの完成です。絶妙な塩加減とシャキシャキの食感は、おつまみにも◎。野菜をたくさん摂取できるのも嬉しいですね。


recipe

甘うま味とコリコリ感がクセになる
切干大根の海苔ごま和え

\ SHIMAさんからのひとこと /

敢えてしっかりと歯応えを残した切干大根のコリコリ感がおいしい、“佃煮”のような一品。おにぎりや白ごはんとの相性もばっちりです。材料もいたってシンプル。切干大根が中途半端に残ってしまった時にぜひ試してみてほしい救済レシピです。

材料(4人分)

切干大根(乾燥)…20g
海苔の佃煮…大さじ2
すりごま…大さじ1
 
 

下準備

・切干大根は流水でもみ洗いした後、10分ほど水で戻し、固く絞って水気を切っておく。

作り方

1. 切干大根を切る

水戻しした切干大根を、1cmくらいの粗みじん切りにする。

SHIMAさんからのアドバイス:
■ ごはんと一緒にパクパク食べられるように、なるべく小さめに刻みます。

2. 材料を合わせる

1の切干大根に、海苔の佃煮、すりごまを加え、全体を馴染ませるように和える。

3. 完成

白ごはんとの相性抜群、まるで佃煮やお漬物のような和え物です。ごまの風味と歯応えも良く、ついつい箸が進みます。


このレシピで使えるコープ商品

宮崎県産 切干大根

冬穫れの青首大根スライスを、天日乾燥に
スライスした青首大根を、宮崎県の長い日照時間と寒風のもとで天日乾燥させたおいしい切干大根です。水戻し約10分と、乾物の中では戻りが早いのもうれしいポイント。手軽に使えて大根のうま味や歯ごたえが楽しめます。

> もっと詳しく

純正ごま油 300g

天ぷら、中華料理、炒め物に
ごまを香ばしく煎って仕上げた風味豊かなごま油です。中華はもちろん、和食や揚げものなど幅広くご利用いただけます。炒めたりかけたり、ドレッシングにもよく合います。

> もっと詳しく

いりごま金 50g

金ごまの香りで、いつもの料理をさらにおいしく
ぷちぷちした食感と香ばしい風味、希少価値の高い「金ごま」のみを使用しています。様々なお料理にはもちろん、おやつにごま団子に、おすすめしたい一品です。

> もっと詳しく

手ずり風すりごま白

すり立ての香ばしさ 手ずりの粒感をいつでも
低温長時間の熱風焙煎で旨み・香りを引き出したごまを、すり鉢ですったような質感に仕上げました。しっとり食感、すり立ての香ばしい風味が味わえます。和え物にはもちろん、味噌汁にかけたり、めんつゆや鍋つゆに加えたりと、使い道も広がります。


あと一品欲しいなあというときに役立つのが、切干大根の良さ。しかもそのアレンジは想像以上に自在だなんて、なんとも頼もしい食材です。思い立ったら棚からサッと取り出して、自分好みの味付けで切干大根の和え物を開発するのも楽しいかも。
(SATETO編集部 堀尾)

教えてくれたのは

料理家 SHIMA
「簡単、時短、節約、おしゃれ」をモットーにレシピを考案しているSHIMAさん。料理家の傍ら、撮影・映像編集もこなし、ブログYouTubeインスタグラムでは解説付きのレシピを日々更新されています。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。