このページの先頭です

  • トップ
  • 特集
  • 作り置きおかずにおやつ、自家製調味料まで 自然に寄り添う暮らしから生まれるももさんのレシピ

自然に寄り添う暮らしから生まれるももさんのレシピ 自然に寄り添う暮らしから生まれるももさんのレシピ

 

SATETOでたびたび登場していただいている料理家のももさんは、福岡県の山あいで飲食店を営む二児の母です。お店では、目の前の畑で穫れる旬の野菜や、山菜、柑橘類など季節の食材をふんだんに使用した週替わりのご飯が人気。“週替わり”とは、その時々の食材の変化に合わせた周期でもあるといいます。
ももさんがSATETOで提案してくれるレシピも、四季折々の素材を上手に取り入れたところにその魅力が詰まっています。と同時に、作り方さえわかれば、手に入りやすい食材で自己流にアレンジできるのも魅力のひとつ。ストックしておくと便利な自家製ソースや鶏ハムなども、料理の幅を広げてくれます。 今回は、手軽なものからひと手間かけたものまで、ついつい作りたくなってしまうももさんのレシピをまとめてご紹介します。

ゴロゴロ野菜と押し麦のプチプチ感がたのしい 「押し麦と季節の野菜のサラダ」


春夏秋冬、その時季に手に入りやすい野菜をいくつか選んで小さくカットしたら、押し麦と混ぜ合わせるだけで完成するサラダです。スプーンでほおばりながら食べるのも良いし、ボウルいっぱい作ればパーティーにもおすすめです。味付けはお好みのドレッシングでどうぞ。

お米のとろみで優しい甘さに 「たっぷりかぶのポタージュスープ」


たっぷりのかぶと玉ねぎが入って、ほっこり温まるポタージュスープです。とろみづけにお米を使うことで、優しい甘さの仕上がりに。かぶが市場に出回る季節にぜひ作りたいレシピです。

揚げ時間が短いのがうれしい 「鮭の切り身やししゃもで作る南蛮漬け」


南蛮漬けといえばアジが定番ですが、骨までしっかりと揚げようとするとそれなりに時間がかかります。ももさんが提案してくれたのは、鮭の切り身やししゃもの南蛮漬け。サッと揚げるだけなので気軽に作れる上に作り置きもできるから、日々のサイドメニューにもぴったりです。

サラダやサンドイッチに 「しっとり自家製鶏ハム」


控えめな塩加減としっとり柔らかな食感の鶏ハム。厚めに切ってサンドイッチにしたり、ダイス状に切ってサラダに乗せたりと、ストックしておけば様々なシーンで大活躍します。パサつきが気になりがちなムネ肉も、低温でじっくり加熱することでしっとり仕上がります。

お肉料理と好相性の調味料 「みじん切りの塩レモン」


煮込み料理やグリル料理、お鍋の隠し味にも使える調味料「塩レモン」。特にお肉との相性は抜群で、お肉の臭みを消して料理にコクを与えてくれます。ももさんの塩レモンは“みじん切り”がポイント。熟成期間が短くて済み、ペースト状なので使い勝手に優れています。

お肉料理やピザ、パスタに 「ミキサーひとつで春菊ソース」


春菊に、松の実とパルメザンチーズを合わせてミキサーにかければたちまち完成の自家製調味料です。バジルソースのような風味はお肉やお魚、パスタやピザにも好相性で、春菊の風味が苦手な方にもぜひ試してほしいレシピです。

春菊ソースを使ったピザアレンジ 「春菊ソースのピザ」


子どもと一緒に作りたい 「和菓子のようなスイートポテト」


いつものスイートポテトの中に、あんこやりんごジャム、栗の甘露煮などを詰めてお団子のように丸めれば、見た目も可愛らしい和菓子のようなお菓子の完成です。仕上がりまでのプロセスも楽しく、子どもと一緒に楽しめるレシピです。


教えてくれたのは/中山百代

福岡県糟屋郡で飲食店を営む2児の母。 地元でとれた食材や季節の素材を中心に、ごはんや加工品をつくって提供されています。