このページの先頭です

  • トップ
  • 特集
  • 実は万能調味料! 簡単に味が決まるドレッシングを活用した6レシピ

料理のレパートリーを増やしたいという方必見!ドレッシングを使ったレシピをご紹介します。ドレッシングの何がいいって、もうそれだけで味が完成されているところですよね。サラダにかけるだけなんてもったいない!お肉の下味やソースとして…様々な料理に使うことができるんです。冷蔵庫の片隅に置きっぱなしのドレッシングの救済にもぴったりです。

 

【ソース】玉ねぎドレッシングでさっぱりとした味わいに
「白身魚と季節野菜のグリル」

簡単なのにごちそう感たっぷり!グリルした白身魚とこんがり焼いた彩り野菜に、ザクザク感の残る玉ねぎがおいしい和風ドレッシングをソース代わりにかけていただきます。淡白な白身魚の味わいに、たっぷり添えられた夏野菜がよく合いますよ。ワインのおともにもおすすめです。

 

【ソース】シーザードレッシングで仕上げる
チキン南蛮風 「鶏の竜田揚げ」

シーザードレッシングをソースがわりにして、チキン南蛮風の鶏の竜田揚げが完成しました。クリーミーなドレッシングがサクサクの竜田揚げに絡み、濃厚なチーズの香りとほどよい酸味が、淡白な鶏胸肉の味わいを引き立ててくれます。

 

【パスタ】シーザードレッシングをからめて完成
生クリームいらずの「冷製カルボナーラ」

何となく面倒で、時間がかかりそうなイメージのカルボナーラ。生クリームなどの材料を揃えるのも大変ですが、シーザードレッシングを使うことで生クリームいらずで完成しちゃうんです。爽やかな酸味と芳醇なチーズの香りが、食欲をそそります。サラッと食べられるので、暑い季節にもぴったりですよ。

 

【うどん】夏日に食べたい冷やしうどん
クリーミーな味わいの「豆乳肉味噌うどん」

白みそ仕立てのクリーミードレッシングを使った肉味噌うどんです。白みそに、にんにくやアンチョビの隠し味が効いたドレッシングが、豆乳とめんつゆが合わさることでまろやかでコク深いスープに変身。一滴残らずゴクゴクと飲み干してしまいそうなほどクセになる味わいです。豆板醤をピリッと効かせた肉味噌は、レンジでパパッと作ります。夏休みのランチにも重宝しますよ。

 

【下味】和風ドレッシングがしっとりのカギ
カオマンガイ風「蒸し鶏のっけごはん」

お肉をやわらかくしてくれるお酢やオイルがバランスよく配合された和風ドレッシングに鶏ムネ肉を漬け込んで、しっとり感とやわらかさを引き出します。味付けは、和風ドレッシングに含まれる玉ねぎやにんにく、生姜などの風味を生かして、コンソメと塩こしょうだけ。炊飯器で炊いている間に、付け合わせの野菜とソースを用意すれば、パパッとひと皿完成です。

 

【下味】ドレッシングでムネ肉やわらか
混ぜて焼くだけの簡単「チキングラタン」

ホワイトソースは作らずに、ポテチを使って本格的な味わいに仕上げた簡単グラタン。鶏むね肉は、前日の夜にたまねぎドレッシングに浸けておくことで、加熱してもパサつかずしっとりやわらか。冷凍のミックス野菜を使って限りなく時短で済ませます。

\ この記事をシェアする /