このページの先頭です

  • トップ
  • 特集
  • にんじんの大量消費に! 定番野菜のにんじんを使ったレシピ8選

定番野菜のにんじんを使ったレシピ8選 定番野菜のにんじんを使ったレシピ8選

ストックしている割合は高いものの、冷蔵庫の片隅でぽつんと残ってしまっていることの多いにんじん。今回は、そんなにんじんの救済にもぴったりなレシピを集めてみました。日々の食卓にはもちろん、お弁当のおかずにもおすすめです。

 

野菜不足になりがちな朝に
「にんじんと小エビのふりかけ」

大きめにカットしたものや生のにんじんは苦手な子どもも多いですが、細かく刻んでじっくり火を通すので、独特の香りがやわらいで甘味がグッと際立ち、食べやすくなります。しょうゆと砂糖で仕上げた甘辛い味付けが、白ごはんと相性抜群なので、ごはんがどんどん進むこと間違いなし。

 

切って和えるだけ
作り置きにもおすすめ「キャロットラペ」

常備菜の定番キャロットラペ。にんじんを千切りにしたら、調味料と混ぜるだけで完成する手軽さがうれしいレシピです。思い立ったらすぐに作ることができるので、もう一品ほしいなという時にも大活躍。レーズンや粉チーズなどをトッピングしてもおいしいですよ。

 

レンジを使って簡単!シャキシャキ食感
「にんじんと切干大根のナムル」

もやしを使うことの多いナムルですが、今回は、切干大根とにんじん、ほうれん草を使って彩りよく仕上げます。味付けは、にんにくチューブとごま油、塩のみですが、箸がとまらなくなるおいしさ。シャキシャキとした歯ごたえと、凝縮された旨みは、ご飯やお酒にもぴったりです。レンジで手軽な上、野菜をたくさん摂取できるのもうれしいですね。

 

にんじん嫌いさんにもこっそり作りたい
「3色つみれのお吸い物」

出汁をとった汁に魚介や野菜などのわんだねを入れた汁物、お吸い物。ほうれん草やにんじんなど、手に入りやすい野菜を使って、赤、白、緑の3色のつみれを作ります。つなぎを入れないので、素材そのものの食感や風味を存分に楽しむことができる一品です。お正月やひな祭りなどのハレの日にもおすすめです。

 

ナッツの風味がアクセント
デパ地下風「ひじきのデリ風サラダ」

ひじきと合わせたのは、にんじんやレンコンなどの常備野菜と、ミックスナッツや冷凍むき枝豆、冷凍つぶコーンなどの食感豊かなストック食材。ひじきはドライパックを使用すれば、水戻し不要で缶から開けたらそのまま食べられる手軽さ。冷凍のむき枝豆やつぶコーンを使って、皮をむいたり粒を取ったりの手間を省きました。ご家庭にあるストック食材を上手に組み合わせることで時短にもなり、忙しい日の夜ご飯の一品としても大活躍。

 

冷凍食品の竜田揚げを簡単リメイク!
「彩り酢鶏」

冷凍の竜田揚げや残りものの唐揚げを使った、“酢豚”ならぬ“酢鶏”のレシピ。一から作ろうとするとなかなかハードルが高いですが、調理済みの竜田揚げを使うことで、パパッと酢豚風の味わいが簡単に再現できます。お肉はもちろん、にんじんやピーマンなど野菜もたっぷり採れるので、子供から大人まで大満足の一品です。カラフルな野菜と、ゴロゴロと入った唐揚げが食欲をそそりますよ。

 

お漬物とヨーグルトでさっぱり仕上げた
「コールスロー」

思わずお箸が止まらなくなる、さっぱりとした味わいのコールスローです。箸休めの一品としてはもちろん、主菜に添えたり、サンドイッチにしてもおいしくいただけます。浅漬けにしたにんじんとキャベツの塩味とヨーグルトの酸味、えびとコーンの甘みが引き立て合う、クセになる味わいです。

\ この記事をシェアする /