このページの先頭です

献立いろいろ ひき肉ドレッシングをたっぷり絡めてどうぞ 「メインにもなる春野菜サラダ」

春野菜を使ったメニューで、食卓にも春を呼び込みましょう!前回に引き続き教えてもらうのは、野菜をたっぷりと使ったレシピや、アレンジしやすいオリジナルメニューがお得意のコンドオミユキさんです。さて、今回はどんな風に春野菜をいただくのでしょうか。

▲料理家のコンドオミユキさん。食材の選び方から盛り付け、食器の組み合わせまですべてにおいてセンス抜群です。


recipe

歯応えシャキシャキ!ボリューム満点
メインにもなる春野菜サラダ

わき役になりがちなサラダを、食感楽しい主役級の一皿にします。ポイントは、生姜とニンニクをきかせたひき肉ドレッシング。さらに、それぞれの春野菜の特徴を上手に生かして下準備することで、食感や栄養を損なうことなくいただけます。ご飯もすすむ、ひき肉たっぷりの “もりもりサラダ”は、お箸が止まらないおいしさです。

\ コンドオさんからのひとこと /

栄養たっぷりの春野菜を、そのままダイレクトに味わいましょう!シャキシャキの春キャベツや新玉ねぎ、色鮮やかで実が弾けそうなスナップエンドウなど、お皿の中は春爛漫。グリーンピースやアスパラガスなど、お気に入りの野菜でもおいしくいただけますよ。

材料(4人分)
春キャベツ…1/3玉(約200g)
新玉ねぎ…1/2個(約50g)
新じゃがいも…1個(約100g)
スナップエンドウ…1パック(10サヤほど)
にんじん…1/2本(約70g)
豚ひき肉…200g
にんにく(みじん切り)…各1片
しょうが(みじん切り)…各1片
オリーブオイル…大さじ1
塩…適量
こしょう…適量
レモン…適宜
[A]
ウスターソース…大さじ1
ポン酢…大さじ2
みりん…大さじ2
 
作り方
1.スナップエンドウを茹でる

スナップエンドウは筋を取っておく。鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を加えて再度沸騰したらスナップエンドウを入れる。茹で上がったらザルに上げてそのまま冷ます。

コンドオさんに教わったポイント:
■茹で過ぎないように注意
1~2分ほど茹で、鮮やかな色に変わったらすぐに湯から上げます。水にさらさず、ザルの上でゆっくり冷まして栄養を閉じ込めます。

2.ジャガイモを茹でて水にさらす

スナップエンドウを茹でた湯をそのまま使って、じゃがいもを茹でる。湯に入れたらすぐに上げ、冷水にさらして水気を切る。

コンドオさんに教わったポイント:
■食感を残し、ぬめりを取る
新じゃがは、軽く湯に通すくらいでOK。すぐに上げて冷水、または流水で洗います。ぬめりが取れて、じゃがいものシャキッとした食感が残ります。

3.野菜を切ってボウルに入れる

春キャベツは手でちぎり、にんじんは千切りにする。新玉ねぎは薄くスライスして塩を振ってしばらく置いておく。すべての野菜をボウルに入れて、ざっくりと混ぜる。

コンドオさんに教わったポイント:
■春キャベツは手でちぎる
葉が柔らかい春キャベツは、手でちぎって食感を楽しみましょう。

■玉ねぎの辛みを取る
年中出回っている玉ねぎに比べると、辛みが少ない新玉ねぎですが、それなりに辛みはあります。繊維を断ち切るように切り、塩を振ると辛みが和らぎます。

4.器に盛り付ける

下ごしらえした野菜をすべて器に盛り付ける。

5.豚ミンチを炒める

フライパンにオリーブオイルをひいてにんにくと生姜を弱火で炒め、香りが出てきたら中火にして豚ひき肉を加えて炒める。火が通ったら、合わせておいた[A]を加えてざっと全体に混ぜ合わせ、少し煮詰める。

コンドオさんに教わったポイント:
■にんにくと生姜は火をつける前に
にんにくと生姜は焦げやすいので、火をつける前にフライパンに入れましょう。

■ポン酢は優秀な隠し味
柑橘果汁、酢、しょうゆなどを合わせて作られたポン酢は、豊かな風味が楽しめるので、いろいろな料理の隠し味に使えますよ。

6.肉ドレッシングをかける

炒めた豚ひき肉を汁ごと、盛り付けた野菜の上から全体にかける。

7.完成!

春野菜たっぷりのボリュームサラダができました!しっかりと味がついた豚ひき肉がいい仕事をしていて、いくらでも食べられそうです。それぞれの野菜のおいしさが一度に楽しめる、簡単で栄養満点の春野菜レシピです。

お好みでレモンを絞れば、爽やかな香りと味が広がります。


シャキッとした野菜の食感と甘さ、コクのある豚ひき肉ドレッシングの相性がとてもよくて、メイン料理としても十分満足できます。ボリュームがあるのに、底なしにパクパク食べても罪悪感なし。あっという間に平らげてしまいました。
(SATETO編集部 佐藤)

教えてくれたのは

料理家 コンドオミユキ
ネイト等を中心に活動。イラストレーター、美容家としての一面も持ち、「食」と「美」を中心とした「暮らしを楽しむ提案」を発信している。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。