このページの先頭です

ちょうどいい味付け トマトたっぷり。フライのための「スイートスパイシーソース」

時短に便利な冷凍フライやとんかつ。そのまま出すのもおいしいけれど、ちょっとひとアレンジ加えたい。そんな時に覚えておくと便利なソースを、料理家のコンドオミユキさんに教えていただきました。ピリッと刺激的なカレーのスパイスが食欲そそる「スイートスパイシーソース」を使えば、揚げるだけの冷凍フライもたちまちわが家の一品に変身します。

▲ 紹介してくれたのは、料理家のコンドオミユキさん。野菜をたっぷり使った料理や、アレンジしやすいオリジナルメニューがお得意です。

辛すぎないピリ辛 INDEX
1.ピリ辛のしくみを知ってつくる「わが家のピリ辛調味料」
2.ゆずこしょうとヨーグルトで爽やかなピリ辛「大人のポテサラ」
3.フライがパンチのある味わいに「あじフライカレーソース」←今回はここ
4.ピリ辛ソースでパリッと焼いた「ピリうま手羽焼き」
recipe

カレーのスパイスにトマトの酸味と甘みがミックス
「スイートスパイシーソース&あじフライ」

子どもも大好きなカレー風味のソースです。スパイシーな香りに、酸味や甘味がミックスされたフルーティーな辛さ。にんにくの風味が効いた、食欲そそる味わいです。フライやカツなど揚げ物のソースとしてはもちろん、お肉やお魚のソテーにもとてもよく合います。

\ コンドオミユキさんからのひとこと /

トマトたっぷりの酸味がおいしいスパイシーソースです。辛い方がよければケチャップ少なめに、辛いのが苦手なお子さんにはケチャップ多めに・・・というようにケチャップの量によってピリ辛具合を調節しながら作ってみて下さいね。今回は冷凍のあじフライにかけましたが、ソースをごはんにかけてチーズをのせてオーブンで焼き上げると、ドリア風にも大変身しますよ。

材料(4人分)

冷凍あじフライ…4枚

【スイートスパイシーソース】(作りやすい分量)
トマト…1個
にんにく…1カケ分
白ワイン…200ml
ウスターソース…大さじ2
ケチャップ…大さじ2
カレーパウダー…大さじ2

作り方
1.材料を切る

にんにくはみじん切り、トマトはざく切りにする。

2.ソースをつくる

鍋に白ワインを入れ中火にかけ、にんにくを加え、ひと煮立ちしたらトマトを加える。ウスターソース、ケチャップ、カレーパウダーの順に加え、5分ほど煮詰める。火を止め、粗熱をとっておく

コンドオさんに教わったポイント:
■家にある調味料で

ウスターソースがない時は、とんかつソースやお好み焼きソースでもOK
■一度冷まして味わいアップ
粗熱をとって冷ました方が、味が落ち着いてよりおいしくなります

3.フライを揚げる

コンドオさんに教わったポイント:
■フライ系なら何でもOK

青魚のフライがよく合いますが、鮭や白身魚のフライやとんかつなど、その時手に入れやすいもので試してみて下さいね

4.完成

コンドオさんに教わったポイント:
■付け合わせは先に準備

フライを揚げる前に、付け合わせの野菜を用意しておくといいですよ
■ソースは多めに作って冷凍保存
冷凍庫で1ヵ月は保存可能です。バットなどにラップを敷き、ソースを薄めに伸ばしてフリージングしておけば、必要な分だけ割って使えますよ

このレシピで使えるコープ商品

トマトケチャップ 500g

酸味と甘みが ちょうどいい
トマトの風味を大切に、ほどよい甘みと酸味で、まろやかな味に仕上げました。ナポリタンやチキンライスなど、お子様が喜ぶメニューに最適です。

ウスターソース 500ml

ソースとしてはもちろん 隠し味にも
6種の野菜と果実(トマト、たまねぎ、りんご、レモン、プルーン、にんじん)をベースに、甘味と酸味のバランスが取れたソースです。


しっかりとしたカレー味というよりは、甘酸っぱ辛いエスニックな味わいのソース。重たくなりがちなフライも、スパイスと、トマトや白ワインの酸味でパクパク食がすすみます。これさえ覚えておけば、市販のとんかつや唐揚げのアレンジはもちろん、ただソテーしただけのお肉や魚のムニエルなど、いろいろな料理の味つけに活躍できそうです。
( SATETO編集部 いはら )

教えてくれたのは

料理家 コンドオミユキ
イートプランナーとして、レシピ制作や食品撮影スタイリング、器のコーディネート等を中心に活動。イラストレーター、美容家としての一面も持ち、「食」と「美」を中心とした「暮らしを楽しむ提案」を発信している。コープ組合員歴16年、「ただの炭酸水」がお気に入り。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。