このページの先頭です

お料理レター 季節のものを使って作る、小さなおやつと調味料

家での時間もできるだけふだんどおり、せっかくだったら、台所に立つ時間も楽しみながら過ごしたい。そんな毎日の欲求を満たしてくれそうなアイディアが、料理家のみなさんから届きました。今こそおすすめしたいレシピ、食材の活用方法、ちょっとした息抜きの仕方など、すぐに実践できる知恵をいただきましょう。


\ Letter From /

 中山百代さん

中山百代さん 

家にいても仕事に追われたり、一日中子どもがいたり、環境によっては外にも出れない人がいるかもしれないけれど、自宅で過ごす時間が長ければ長いほど息がつまらないように、こんな時こそ息抜きや楽しみを見つけながら過ごしたい。息抜きの仕方に正解はないから、小さくても自分なりの楽しみを見つけられるといいなと思います。
家にいても仕事に追われたり、一日中子どもがいたり、環境によっては外にも出れない人がいるかもしれないけれど、自宅で過ごす時間が長ければ長いほど息がつまらないように、こんな時こそ息抜きや楽しみを見つけながら過ごしたい。息抜きの仕方に正解はないから、小さくても自分なりの楽しみを見つけられるといいなと思います。

ご紹介するのは

プランターでも育てやすいパセリをつかったレシピ

お店でパセリを買うのもいいけれど、パセリはプランターでも育てやすいので、庭がない方にもおすすめ。わが家は庭で育てていますが、たくさん採れたので、何かできないかなと思い立って作ったのが、パセリバターとパセリクッキーです。


 

『パセリバター』

材料(作りやすい量)

バター…100g
パセリ…片手のひら一杯分(約20g)
にんにくすりおろし…半片

作り方

1. パセリはみじん切りにする。

2. バターは常温で柔らかくしたら、あとは全部を混ぜてラップでくるんで冷やす。

ポイント・コツ

使うたび、好きな量にカットして使ってください。魚やお肉を焼いて最後に一片加えたり、マッシュポテトに混ぜたり、サラダやコロッケの味付けにも。使い方自由、パセリの量もニンニクの量も好みで自由にどうぞ。


ちょっとしたおやつに
『パセリクッキー』

材料(約20枚分)

小麦粉…150g
きび糖(家庭にある砂糖ならなんでも)…20g
塩…小さじ1/4
オリーブオイル…30ml
パセリみじん切り…30g

作り方

1. 全部を混ぜたら、ラップで筒状にして、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

2. 1cmほどの輪切りにして、180℃のオーブンで10分ほど焼く。
※ご家庭のオーブンの機種によって焼き上がりの時間は調整してください


一人の散歩だけど楽しみは見つけたい

自宅で過ごす時間が多くても、運動不足には注意したいし、やっぱり外の空気には触れたいもの。人通りの少ない場所や時間帯を選びつつ、散歩の途中で野花や野草を見つけるのも小さな楽しさです。

 

『野花でドライフラワー』

中学生の娘と一緒に、庭や道端の草花を摘んだら窓辺に吊るしてドライにしています。散歩に目的ができるだけでも、気分が変わります。


 

『よもぎマフィン』

食べられる野草を探すのも散歩の楽しさ。道端や土手なんかでよもぎを摘んだら、マフィンにしてはどうでしょう?

材料(小サイズ約5個分)

小麦粉…150g
ベーキングパウダー…小さじ1半
バター…50グラム
きび糖(家庭にある砂糖ならなんでも)…60g
卵…1個
牛乳…80ml
よもぎ…両手のひら1杯分(約30g)
※よもぎは新芽の柔らかい葉を摘み、二度ほど湯でこぼしをした後、包丁で繊維を刻み、すり鉢でついて柔らかくしておく。

作り方

1. バターを常温で柔らかくして、きび糖を加え泡だて器でよく混ぜる。

2. 卵と牛乳を加えて混ぜる。

3. 振るった小麦粉とベーキングパウダー、よもぎを加え、ゴムベラで混ぜ合わせる。

4. 型に流して180℃のオーブンで20分ほど焼く(型の大きさで焼き時間は調整)。
※ご家庭のオーブンの機種によって焼き上がりの時間は調整してください

ポイント・コツ

よもぎは小分けにして冷凍すれば、団子やチヂミなどいろいろ使えますが、散歩のたびに、その日食べる分を摘むのもいいですね。それも時間があるからこそできること。

中山百代
福岡県糟屋郡で飲食店を営む二児の母。
地元でとれた食材や季節の素材を中心に、ごはんや加工品をつくって提供されています。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。