このページの先頭です

お料理レター 「一人一日一仕事」「ぬか漬け生活」で、改めておうちで過ごす時間に向き合っています

家での時間もできるだけふだんどおり、せっかくだったら、台所に立つ時間も楽しみながら過ごしたい。そんな毎日の欲求を満たしてくれそうなアイディアが、料理家のみなさんから届きました。今こそおすすめしたいレシピ、食材の活用方法、ちょっとした息抜きの仕方など、すぐに実践できる知恵をいただきましょう。


\ Letter From /

 香月恵嗣さん・千代子さん夫妻

香月恵嗣さん・千代子さん夫妻

子どもがいるとなかなか家の中でじっとはしてられないもの。わが家も、元気いっぱい食欲旺盛の小学生2人と、後追いの始まった0歳児と過ごす日々。子どもたちに振り回されがちですが、大人だってこの苦境を楽しまないと! 家事だって分担。家族一丸となって楽しみたい。そんな暮らしの中に、学びや発見もたくさん見つけられそうです。
子どもがいるとなかなか家の中でじっとはしてられないもの。わが家も、元気いっぱい食欲旺盛の小学生2人と、後追いの始まった0歳児と過ごす日々。子どもたちに振り回されがちですが、大人だってこの苦境を楽しまないと! 家事だって分担。家族一丸となって楽しみたい。そんな暮らしの中に、学びや発見もたくさん見つけられそうです。

ご紹介するのは

【家事】一人一日一仕事を日課に

【漬物】ぬか漬け生活で免疫UP!

 

「一人一日一仕事」を日課に

おうちで過ごす時間が長いと、つい生活パターンが乱れがち。子どもたちにも、おうちの仕事をひとつ、責任を持ってやってもらうようにしました。床掃除、お皿洗い、洗濯物干し、お風呂掃除、靴並べ、花の水やり……。何でもいい、小さなことでも、家の仕事をひとつは見つけて任せています。

洗濯物干しでは、子どもたちの斬新な干し方に、大人が真似させてもらうことも。子どもって、本当にアイディア豊富なんですね。

どうやったら続くかな……と、最初は“ごほうび”も考えましたが、学校がお休みで時間も十分ある今だからこそ“お手伝い”ではなく家族の一員として“家事の分担”としました。その代わりに、「助かったよ〜!」「ありがとう〜!」と感謝の言葉かけはとにかく心がけています。


ぬか漬け生活で免疫UP!

これまでも何度か挑戦したけど、出産や育児に追われて、そのたびにダメにしてしまうことの多かったぬか漬けを、今年に入って再び漬け始めました。今は家にいる時間が長いので、「今度こそ!」と、手入れを怠らないように気をつけています。そのおかげで(?)、最近とてもいい感じに味が馴染んできました。

旬の野菜、余った野菜など、自由になんでも漬けています。最近子どもたちと一緒にハマっているのは、こんにゃくのぬか漬け。ほんのり塩味とこんにゃくの食感が本当においしい! ぬか床を持っている方はぜひ試して欲しい食材です。「自分で漬けてはないけど興味はあるんだよなあ……」という方は、今がまさに始めどき。気候も暖かくなり、良いスタートが切れそうですよ。おまけに腸内環境も整い、いい事だらけです。寒くなる前までのワンシーズンだけ漬けるのもいいですね。気負わず、楽しみながら漬けることこそ、ぬか漬けがおいしくなる一番の要素だと思います。

材料(作りやすい量)

生ぬか…(市販のものでも一度ふるいにかける)…1kg
水…1L(ぬかと同量)
自然塩…150〜200g(ぬかの15〜20 %)
昆布…約5g
風味づけ食材(赤・青唐辛子、山椒の実、柑皮、生姜など)…適量
捨て漬け野菜(キャベツの外葉、人参や玉葱の軸や皮、白菜の芯など)…適量

用意するもの

保存容器(ホーロー製などのにおいの移りにくいものがおすすめ)

作り方

1. 大きなボウルにぬか、塩、水を合わせ、手でしっかりと混ぜ合わせる。このとき水は全部に加えずに、100mlほど残しておいて、様子を見ながら少しずつ追加して混ぜる。手で握ってみて、指の間からぬかがはみ出てくる程度の柔らかさが目安。

2. ぬか床ができたら保存容器に移して、昆布を加える。唐辛子、山椒、柑皮、生姜など、好みの風味づけ食材を加える。

3. 捨て漬け用の野菜を入れてさらに混ぜ、最後にぬかの表面をたいらにして、手のひらでぎゅっと空気を抜くように押さえる。

4. この、2〜3日漬けては捨てる作業を2〜3週間続けてぬか床の状態が整ったら、いよいよ本漬けにする。

ポイント

一から自分で始めることにハードルを感じるという方は、お漬物屋さんなどで売っている「ぬか床」を手に入れて、それをベースに自分好みの味をつくっていくのもいいかもしれません。

「捨て漬け」の目的は、新しいぬかの発酵を進めるため。野菜の表面には乳酸菌がたくさんついているので、それを野菜のエキスと一緒にぬか床へ移して、野菜の旨みと菌の発酵でぬかを熟成させてあげます。またぬか漬けは、乳酸菌以外の菌との共存も大切。混ぜる人の手に付いている「常在菌」も大きな役目を果たすので、素手で混ぜることが大事な理由もここにあります。

ぬか漬を漬けるのはシンプルな行為ですが、毎日の手入れは欠かせません。漬け方も家庭によってそれぞれですし、気温、湿度、漬ける食材、混ぜる回数、手の常在菌の具合などによって味が微妙に変化するので、実はすごくすごく難しい……というのが、個人的な感想です。時間がある今だからこそ、向き合える作業かもしれません。とはいえ、ぬか漬けも生きた微生物。子どもが一人増えた気持ちで手をかければ、それだけ愛着も増し、応えてくれます。そして、腸と身体が喜んでいることを家族みんなで実感しています。

香月恵嗣さん・千代子さん
お料理全般は恵嗣さん、お菓子は千代子さん担当。お二人で野菜や大豆食品を中心とした料理を、ケータリングやお弁当などで提供されています。一男一女との4人家族。まもなく念願のお店をオープン予定

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。