このページの先頭です

できるだけ手づくり まるで粘土遊び!?ラップでつくる「手作りソーセージ」

ソーセージはお店で買うもの。そう思っていませんか?実はシンプルな材料で、こねて形成、茹でるだけで、簡単に作れるんです。今回はソーセージが大好きな小学3年生の女の子がチャレンジしました。手作りのおいしさにきっと驚くはず。

▲ おしえてくれるのは、フレンチシェフである夫と料理上手な妻の二人三脚で、福岡県内を中心にお弁当やケータリングで料理を提供している香月さん夫妻。二人の夢が詰まったお店を飯塚市に年内オープン予定で、只今開店準備中。


recipe

こねる・形成・茹でるの3ステップで完成
ラップで簡単!手作りソーセージ

羊や豚の腸にタネを詰めて作るのが一般的なソーセージの作り方ですが、今回はラップで簡単に作ります。自分好みの大きさに作れて、ハーブなどを加えれば味のアレンジも可能。手作りだからこその楽しみ方です。

\ 香月さん夫婦からのひとこと /

発色剤や保存料を使わず、混じり気のない味わいが絶品のソーセージ。子どもにも安心して食べさせられます。

材料(4人分)

豚ひき肉…300g
塩…3g
ブラックペッパー…1g
ナツメグ…少々
オリーブオイル…小さじ2
氷…4~5個

下準備

・ 耐熱性のラップ・凍った保冷剤を準備しておきます

作り方

1. こねる

チャック付きの保存袋の中にすべての材料を入れ、保冷剤の上で袋のままこねる。豚の油が溶けないように保冷剤の上で低温をキープしながら作業するのがポイント。

香月さん夫婦に教わったポイント:
■ 必ず低温をキープしたままで
豚の油が手の温度で溶けてしまうと、ボソボソとし
て食感が悪くなります。氷を材料と一緒に袋に入れ、
保冷剤の上で冷やしながらこねましょう。

■ お好みでハーブや大葉を加えても
お好みでバジル、タイム、オレガノ、大葉などを刻
んで加えれば、味のバリエーションが広がります。

香月さん夫婦に教わったポイント:
■ 必ず低温をキープしたままで
豚の油が手の温度で溶けてしまうと、ボソボソとして食感が悪くなります。氷を材料と一緒に袋に入れ、保冷材の上で冷やしながらこねましょう。

■ お好みでハーブや大葉を加えても
お好みでバジル、タイム、オレガノ、大葉などを刻んで加えれば、味のバリエーションが広がります。

2. ラップの上に絞り出す

袋の端をハサミで切って、広げたラップの上に絞り出す。

まず絞り出しやすいように、袋の端を小さくカット

ラップの少し手前側に絞り出し、両端は結ぶためのスペースを空けておきます。

香月さん夫婦に教わったポイント:
■ ラップがはがれないように台を濡らしておく
濡れふきんで台を拭いて少し濡らしておくと、作業中にテーブルからラップがはがれずに作業がしやすくなります。ラップの箱には刃があるので、取り扱いに注意を。

3. 包む

空気を抜きながら、クルクルとキャンディ状に巻く。

ラップの手前側を持ち上げて、絞り出したタネにラップが覆い被さるように巻きます。

空気を抜きながらラップを密着させて形を整えます。

両手のひら全体を使って、手前から奥へクルクルッと手を動かして巻いていきます。

ラップの両端を持ち、手前から奥、手前から奥…と
何度か回すうちにラップがピン!と張って、キャンディ状の形に。

両端をクルッと結びます。輪ゴムでとめてもOK。

「できたよ!」最初はちょっと時間が掛かっても、
何個か包んでいくうちに段々と手慣れた様子で全部巻けました!

4. ソーセージを茹でる

深めの鍋に水をたっぷり入れて沸かす。沸騰したら火を止め、水1カップを加えて温度を下げる。ソーセージをラップごと湯の中に入れ、そのまま約15分、色が変わるまで置く。

香月さん夫婦に教わったポイント:
■ 沸騰しない温度を保つのがポイント
沸騰させると固くなってしまいます。80℃くらいのお湯でじっくりと火を通すことでジューシーな仕上がりになります。ソーセージが完全にお湯につかるようにしてください。

5. 冷ます

水と氷を入れたボウルにソーセージを移して冷ます。完全に冷めたら取り出す。

ハサミで一本ずつ両端を切り、ラップから中身を取り出します。

6. 焼く

熱したフライパンに油をひいたら、ソーセージを弱火でじっくり焼いて焼き色をつける。

7. 完成

ケチャップやマスタードを添えたら、メインディッシュにもなるソーセージのできあがり!大きくて食べ応えも十分です。「ラップで巻くのは難しいかなと思ったけど、簡単だったよ」と得意げに話してくれました。


「このソーセージ、作ったの~」なんていいながら、持ち寄りパーティに持参すれば大注目間違いなし!料理上手だと褒められて鼻高々です。まさか子どもが作れるほど簡単だなんて、もちろんヒミツ。パンに挟んでホットドックにしてもいいですね。
(SATETO編集部 佐藤)

教えてくれたのは

香月恵嗣さん・千代子さん
お料理全般は恵嗣さん、お菓子は千代子さん担当。お二人で野菜や大豆食品を中心とした料理を、ケータリングやお弁当などで提供されています。一男一女との4人家族。まもなく念願のお店をオープン予定

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。