このページの先頭です

できるだけ手づくり 市販のアイスに混ぜるだけ!子どもとつくる「フルーツアイス・ザクザククッキーアイス」

子どものテンションがぐんと上がる
ご機嫌おやつを作りたい

子どもと一緒に作りたいのは、ワクワク感いっぱいのアイスのおやつ。けど、冷凍しては混ぜて、混ぜて、混ぜて・・・を繰り返すあの工程を思うとちょっと、いや、かなり躊躇してしまいませんか? アイスが大好きな子どもたちと一緒に遊びながら作れる、簡単なアイスのおやつを、料理家のコンドオミユキさんにおしえてもらいました。

▲ 市販のものを上手に取り入れたアイディアクッキングが得意なコンドオさんのレシピは、つくるのも食べるのも楽しくなるものばかり。


Recipe

市販のアイスに混ぜるだけ!でカロリーダウンも叶う?!

フルーツアイス・ザクザククッキーアイス

今回教えてもらったのは、市販のアイスクリームにトッピングを混ぜただけのセミホームメイドのアイスクリーム。フルーツとヨーグルトの風味が爽やかなバニラベースのアイスと、ビスケットやナッツの食感が楽しいチョコベースのアイスの2種を作っていただきました。混ぜたら冷やすだけだから、子どもたちと一緒に、気軽におうちで「アイスクリーム屋さん」が楽しめそうですよ。

「わが家のアイスといえばこれ!」というくらいの定番アイス。とにかく混ぜるだけ!で、すごくカンタンなところがお気に入りです。 「ダイエットも気になる~」みたいな時は、フレッシュフルーツやヨーグルトを増やしていただきます。


材料(2人前)
フルーツアイス
バニラアイスクリーム…140cc
プレーンヨーグルト…大さじ4
冷凍のカットマンゴー…8カット
缶詰のパイナップル…2枚
ザクザククッキーアイス
チョコレートアイスクリーム…150cc
お好みのクッキーやビスケット…3~4枚
トッピング用シリアルやナッツ…適宜

【 準備 】アイスクリームは冷蔵庫で10分〜15分ほど半解凍しておく


作り方
1.フルーツを切る

カットマンゴーは4等分、パイナップルはスライスしたものを一口大にカットする

コンドオさんからのアドバイス:
果物は何を入れてもOK! ブルーベリーやイチゴ、キウイなど、お好みのフルーツを使ってください。変色しやすい果物を使う時はレモン汁をかけておくと変色が防げます

2.ビスケットを砕く

ビスケット(またはクッキー)をビニール袋に入れて砕く

コンドオさんからのアドバイス:
食感が楽しめるように大きめに砕いたものを残しておくのがポイント

3.アイスを混ぜたら冷蔵庫へ

2のフルーツにヨーグルトを混ぜ、バニラアイスを加えてよく混ぜる
同様に、チョコアイスには1を加えてよく混ぜ合わせ、再度冷凍庫で冷やし固める

コンドオさんからのアドバイス:
■ 容器は、ステンレスやホーローがベスト!
ステンレスのボウルやホーロー容器だと、熱伝導率が良いので早く冷凍できます。何回かに分けていただく時は、密閉できる容器に入れてください

4.トッピング

できあがったザクザククッキーアイスを器に盛り付け、ナッツやシリアルをトッピングしたら完成。フルーツアイスにはミントのせて爽やかさアップ

コンドオさんからのアドバイス:
■ 果物によっては、途中で1回かき混ぜて
水分の多いフレッシュな果物を使った時は、完全に固まる前に一度混ぜておくと仕上がりがなめらかに

■ 大人の味わいにしたい時は・・・?
アイスを混ぜる時に、ラム酒などの洋酒を少し加えると大人のデザートに変身。うち飲みの最後に出すと喜ばれますよ

▲ 子ども用の容器には使い捨てのプラカップを利用。アイスができあがるまで、マスキングテープを貼ったり、絵を描いたりと楽しく待つことができました。


フルーツと一緒にさっぱりと食べられるバニラアイスは、カロリーを気にする女性にはかなりうれしいデザート。ビスケットやナッツをたっぷり使ったチョコアイスは、食べごたえばっちりで、少量でも満足感があります。 そして何より、「うわっ!おいしい」と、とびきりの笑顔で頬張る子どもの姿を見られることが、何よりのご褒美。調子に乗って何度も作りたくなるアイスです。
( SATETO編集部 いはら )

教えてくれたのは

料理家 コンドオミユキ
イートプランナーとして、レシピ制作や食品撮影スタイリング、器のコーディネイト等を中心に活動。イラストレーター、美容家としての一面も持ち、「食」と「美」を中心とした「暮らしを楽しむ提案」を発信している。コープ組合員歴16年、「ただの炭酸水」がお気に入り。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。