このページの先頭です

SATETO食堂 お料理初心者でも大丈夫! 失敗しない冷凍餃子

先週、家で餃子を作ったら破れてしまって大失敗。どうやったら料理上手になれるのか、試行錯誤しているスタッフ寺尾です。
今週のSATETO食堂の献立は、スタミナたっぷりの肉餃子が主役(待ってました!)。
お料理を担当するのは、編集部の頼れるおかあさん的存在のスタッフ佐竹です!さっそく今週の食堂をのぞいてみましょう。

今日のメニュー

●お肉がおいしい焼き餃子
●ポテトサラダ&カラフルサラダ
●ミックスビーンズのスープ
●雑穀米

今日のメインは、フライパンで焼くだけの冷凍餃子。その手軽さに惹かれて買ってみたものの、なんだかべっちょりした仕上がりで水っぽくなっちゃった…という経験ないですか?
実はここだけの話、“冷凍餃子”と聞いてちょっぴり嫌な予感がしていた私。「本当に誰でも上手に焼けるの?」「肉汁は逃げないの?」。今日はそんな疑問を全部解決しちゃいたいと思います!

「お疲れ様です〜!」
キッチンに到着すると、佐竹はすでに付け合わせのサラダたちを仕込み中。

カラフルなサラダに、これぞ家庭の味(佐竹家の味?!)の王道ポテトサラダ。
大皿にテンポよく、彩りよく盛り付けられていきます。
私「すごいキレイ!」
佐竹「そうやろ〜盛り付けるの好きなんよ♡」
小皿とは違い、大皿って盛り付けるのが難しいですよね。
でも、赤緑黄など色を散らすことを意識すれば、まとまって見えるんだそう。

いざ、開封!

サラダが完成したところで、さっそく餃子に取り掛かります。
袋を開けると、「何これ、小さくてかわいい〜!」。丸っこい餃子がころころと出てきました。

油をひいたフライパンに、餃子がどんどん入ります。

わ〜びっしり!これでちょうど2袋分(40個)です。
フライパンに並べたら、水を入れて中火にかけます。(ふむふむ)

蓋をする。(ふむふむ)

私「すごくシンプルな作り方なんですね」
佐竹「だから失敗することがないんよ〜!パッケージの裏に作り方が書いとるしね」
蓋から餃子がチラ見えしているこの感じ。愛おしいな〜。

そして4分後…

蓋を開けた瞬間に「ジュー!」と、餃子が大合唱。
この“おいしい音”がたまりません。
この後、蓋を開けた状態で水分を飛ばして完成です。

うんうん、いい焼き色♡

佐竹「え、でもこの後どうやって盛り付けよう?」
私「お皿、かぶせます?」

佐竹「こう?」
私「そうそう!そのままエイヤーってひっくり返してください!」
佐竹「ちょっと待って、フライパンが重くて持ち上がらん…」

\よし、共同作業だ!/

フライパンと格闘する2人…。

佐竹「普通に盛り付けよっか…」
私「そうですね…」

フライ返しで盛り付けました。フライパンは軽いものを使った方がいいとの教訓を得た、佐竹と私。大丈夫、盛り付けはちょっと失敗しちゃったけど、味は変わらない!

\さ、みんなご飯よ〜!/

やっぱり餃子ってすごい。みんなを一瞬で笑顔にする力を持っています。「わ〜これ1人何個まで食べていいん?」と、子供のようにはしゃぎながら配膳する大の大人たち。

さてさて肝心のお味は?

小ぶりなサイズなので、ポイッと口に入って食べやすい。まさにひと口サイズ。なんでも、老若男女問わず幅広い世代が食べやすい大きさにした結果、このサイズにたどり着いたんだそう。
そしてヒダがない分、肉の味が直に伝わってきます。「すごいジューシー!」「肉肉しい感じがいい!」という声に加え、中には「私はもっと皮が薄い方が好みかな〜」という声も。

そのほかの意見はこちら。
「皮がしっかりしていて手作りっぽくて非常に良い!」
「皮が肉厚なので少ない個数でもお腹にたまって満足感がありました」
「小ぶりなサイズなので、お弁当にも入れやすそう」
「食べごたえのあるサイズの焼き餃子が好みなので、少し物足りなかったかな…」
「皮が肉厚でもちもちしているので焼餃子よりも水餃子の方が合うかも?」
など、皮の好みはだいぶ分かれるよう。

今回は焼いてから時間が経過していたことで、もちもち感たっぷりの皮が冷めてしまって、逆にマイナス要因になったようです。焼いたらすぐに食べられるように、ホットプレートで焼いてみるのもいいかもしれませんね。
さてと、来週のお昼もお楽しみに!

(SATETO編集部 寺尾)

本日使用したコープ商品はこちら

お肉がおいしい焼き餃子 280g (標準20個入)

国産豚肉をたっぷり配合!
未加熱のまま冷凍されているので、お肉のうまみ、ジューシー感が生きています。食べやすい少し小ぶりな餃子です。

お肉がおいしい焼き餃子 280g (標準20個入)

国産豚肉をたっぷり配合!
未加熱のまま冷凍されているので、お肉のうまみ、ジューシー感が生きています。食べやすい少し小ぶりな餃子です。

 

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。