このページの先頭です

ちょうどいい味付け おいしい薄味

おいしい薄味 素材編はこちら

おいしい薄味 プラスα編はこちら

鮭の旨みがギュッと濃縮。塩なしでも十分おいしい
「鮭とハーブの紙包み蒸し」

鮭そのものの旨みをじんわり蒸し焼きで引きだしました。ハーブの香りとバターのコク、レモンの酸味で、塩なしでも十分に満足感のある味わいになります。野菜も一緒に添えて見た目の鮮やかな一品に。副菜も同時に調理できるのもうれしいですね。

\ コンドオさんのコメント /

鮭も野菜も一緒に包み焼きにすることで、素材の旨みをギュッと逃さず凝縮することができます。ミニトマトをつぶしながら、ソース代わりにして食べるがおすすめです。できあがったらそのまま食卓へ出せるように、蒸し焼きにする段階で野菜を見栄えよく盛り付けておくといいですよ。

材料(2人分)
鮭切り身…2切れ
白ワイン…大さじ2
無塩バター…20g
ミニトマト…4個
しめじ…1/4株 
ブロッコリー…1/4個
ローリエ…2枚
タイム(ドライ)…小さじ1
レモンスライス…2切れ

作り方
1.材料をクッキングシートに並べて包む

材料はすべて半量ずつ包む。クッキングシートを広げ、真ん中に鮭を置いてローリエ、タイム、レモンをのせたら、しめじ、ブロッコリー、ミニトマトを添える。白ワインをふり、無塩バターをのせて包む

コンドオさんに教わったポイント:
アルミホイルで包んでもいいんですが、破れやすいので私はクッキングシート派。真ん中に具材をのせたらクッキングシートを上下から重ねるように折りたたみ、両サイドをしっかりと2つ折りにします。キャンディみたいにくるくるねじって留めてもかわいいですね。

2.フライパンで蒸し焼きに

フライパンに1を並べ、1/3カップの水を端から注ぎ、蓋をする。15~20分ほど弱火で蒸し焼きにする。

※加熱時は蓋をして、クッキングシートがフライパンからはみ出さないよう十分にご注意ください

3.完成

熱々の包みを開けると、ふんわりと広がるハーブのいい香り。レモンを絞っていただきます。

コンドオさんからのひとこと:
鮭と野菜やバター・レモン・ハーブの旨みと水分が合わさった「素材のジュース」がたっぷり。ぜひスープも残さず食べてみてくださいね。


このレシピで使えるコープ関連商品

 

生活協同組合コ-プかごしま産直センター
骨取り秋鮭切り身 5切れ150g

骨も皮もないから、調理しやすい食べやすい
北海道産の秋鮭を三枚におろし、皮と骨を取って切り身にしました。
バター焼き、ホイル焼き、シチューなどに幅広くご利用できます。

 

具材をパパッとのせて蒸し焼きにするだけでアッという間に完成しました。鮭といえば塩味をつけるイメージがありますが、さまざまなコツを取り入れることで塩を控えてもおいしく仕上がり感動です! 次回は素材の味わいを生かした和風ビーフシチューをご紹介します。
(SATETO編集部 寺尾)

教えてくれたのは

料理家 コンドオミユキ
イートプランナーとして、レシピ制作や食品撮影スタイリング、器のコーディネイト等を中心に活動。イラストレーター、美容家としての一面も持ち、「食」と「美」を中心とした「暮らしを楽しむ提案」を発信している。コープ組合員歴16年、「ただの炭酸水」がお気に入り。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。