このページの先頭です

お料理レター 毎食の献立づくりを助けてくれるレシピ3選です

家での時間もできるだけふだんどおり、せっかくだったら、台所に立つ時間も楽しみながら過ごしたい。そんな毎日の欲求を満たしてくれそうなアイディアが、料理家のみなさんから届きました。今こそおすすめしたいレシピ、食材の活用方法、ちょっとした息抜きの仕方など、すぐに実践できる知恵をいただきましょう。


\ Letter From /

 SHIMAさん

SHIMAさん 

「今日は何を作ろうか?」「また同じものになっちゃう」など、毎日料理をする回数が増えると陥りがちな献立のお悩み解消にぜひお試しあれ。いつものお料理に簡単なひと工夫を加えるだけの脱マンネリレシピ2品と、子どもと一緒に作りながら楽しめるレシピ1品をご紹介します。
「今日は何を作ろうか?」「また同じものになっちゃう」など、毎日料理をする回数が増えると陥りがちな献立のお悩み解消にぜひお試しあれ。いつものお料理に簡単な一工夫を加えるだけの脱マンネリレシピ2品と、子どもと一緒に作りながら楽しめるレシピをご紹介します。

ご紹介するのは

 

青のりとかつお節でキメる『長芋のガーリックソテー』

ビールのお供におすすめの一品です!青のりとかつお節をかけたらスゴ旨になりました。切って焼くだけなので、簡単ですよ。

材料(4人分)

長芋…200g
☆オリーブオイル…大さじ2
☆粗挽きガーリック(にんにくみじん切りでもOK)… 小さじ1/4
☆粗挽きトウガラシ(唐辛子みじん切りでもOK)… 小さじ1/2
塩コショウ…少々
青のり…適量
かつお節…適量

作り方

1. 長芋は皮をむいて、輪切りにする。

2. フライパンに☆を入れ弱火にかけ、香りがたったら中火にして長芋を入れて焼く。両面に焼き色をつけ、火が通ったら塩コショウで味をととのえる。

3. 器に盛り付け、青のりとかつお節をかけて完成!


 

‘なんだか懐かしい’を味わいたい時に『カレーオニオン』

「昔、よく玉ねぎをカレー味で炒めたのが食卓に出てきたな〜っ」と話していた私の父。「具は玉ねぎだけ?」って聞いたら「玉ねぎだけ」だと言うんです。子どもだった父は、味付けの方法はもちろん知らないし、唯一覚えていたのは“カレー味”ということのみ。その料理を想像で再現してみました。炒めた玉ねぎの甘さに、カレーのスパイシーなハーモニー。不思議なんだけれども、なんだか懐かしいって感じる味わいです。

材料(4人分)

玉ねぎ…中2個
カレー粉…小さじ1
しょうゆ…小さじ1〜2(調整してくださいね)
オリーブオイル…大さじ1

作り方

1. 玉ねぎは太めの千切りにする。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で玉ねぎを炒める。

3. しんなりしたら、カレー粉、しょうゆを加え炒め合わせて完成

\ ラーメンのトッピングにもおすすめです /


 

子どもと作りたいふわふわモコモコ
『ポップオーバーでコロッケサンド』

久々にポップオーバーを焼きました。これ、見た目シュークリームみたいですが、おうちで揃いやすい材料でできるし、混ぜて焼くだけだから簡単です。
発酵いらずで材料費もあんまりかからない。バーガーやサンドなおかず系からクリーム詰めてシュークリームみたいにおやつ系まで対応してくれる強者なんです。この素晴らしさ、改めて実感いただけると思います。時間がある今だからこそ、子どもさんと一緒にぜひ作ってほしいなぁ。

【基本のポップオーバー】

材料(12個分)

薄力粉…150g
塩…小さじ1
砂糖…小さじ1
牛乳…250cc
卵…3個
オリーブオイル…大さじ3
型に塗るオイル
オリーブオイル…適量

作り方

1. ボウルに薄力粉以外の材料を入れ、しっかりと混ぜ合わせる。

2. 薄力粉をふるって加え、しっかりと混ぜる。

3. 型にオリーブオイルをぬり、生地を型に流し込む。

※専用の型がない時は、アルミのプリン型やマフィン型、紙製のベーキングカップやシリコンカップでも代用できます(型の6〜7分めくらいまで生地を注ぎ入れてください)

4. 200度に余熱したオーブンで約30分焼く。

※ご家庭のオーブンの機種によって焼き上がりの時間は調整してください

5. 粗熱がとれたら、クリームを入れたり、サンドイッチにしてどうぞ

ポイント・コツ

型にはたっぷりとオリーブオイルを塗っておくのがオススメ。オイルを同量のバターやココナッツオイル等にしても違った風味を楽しめますよ!

\ コロッケサンドにしました /

キャベツとチーズ、コープで購入した「レンジで簡単むかしのコロッケ」をサンド。甘さがなんとも懐かしい味わいです。

料理家 SHIMA
「簡単、時短、節約、おしゃれ」をモットーにレシピを考案しているSHIMAさん。料理家の傍ら、撮影・映像編集もこなし、ブログYouTubeでは解説付きのレシピを日々更新されています。

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。