このページの先頭です

お買い物のちょっと前 あなたのそばで形を変えながら進化中! 栄養たっぷり大豆たんぱく製品 「まめからくん」「枝豆がんも」

皆さん、ちょっと冷蔵庫をのぞいてみましょう。食材は時期により変わりますが、いつ見ても必ず中にいるレギュラーメンバーがいませんか? 日本中のどのご家庭の冷蔵庫にも常備されているものと言えば、そう、醤油と味噌です。
実は、その二つにはある共通点があります。どちらも大豆を原料としているんですね。他にも、納豆やお豆腐など、さまざまな形で私たちの食卓を支えている大豆食品が今日のキーワードです。伝統的な食品も数多くありますが、近年では食料問題を解決する切り札としても注目されているそうですよ。
新しい時代の大豆について、さて子さんやエシカル王子と一緒に考えてみましょう。


みんな〜ゴハンよ〜。

みんな〜ゴハンよ〜。

今日はおでんと唐揚げなんだね!

今日はおでんと唐揚げなんだね!

がんも大好き〜。冬はやっぱりおでんだね。

がんも大好き〜。冬はやっぱりおでんだね。

おつまみに冷奴と枝豆もあるわよ。あら?さて太郎ニコニコしてどうしたの?

おつまみに冷奴と枝豆もあるわよ。あら?さて太郎ニコニコしてどうしたの?

うふふ。おでんのがんもに厚揚げや巾着の薄揚げ、冷奴の豆腐に枝豆も。今日のご飯は大豆づくしだね。

うふふ。おでんのがんもに厚揚げや巾着の薄揚げ、冷奴の豆腐に枝豆も。今日のご飯は大豆づくしだね。

よく気づいたわね〜。あと唐揚げは、鶏肉じゃなくて大豆なのよ。

よく気づいたわね〜。あと唐揚げは、鶏肉じゃなくて大豆なのよ。

え!そうなの!全然気づかなかった。

え!そうなの!全然気づかなかった。

大豆たん白を使った「まめからくん」だね。今、大豆を使った食品は世界中で注目されているんだよ。

大豆たん白を使った「まめからくん」だね。今、大豆を使った食品は世界中で注目されているんだよ。

 

ココがすごいよ!大豆のヒミツ

日本では弥生時代から栽培されていたという大豆。「畑のお肉」と呼ばれるほどたんぱく質が豊富で、さまざまな食品に加工されてきました。

ココがすごいよ!大豆のヒミツ

 

01-栄養価が高い

たんぱく質の割合が多く、人体に必要なアミノ酸20種類が全て摂取できます。その中には、体内で作り出すことができない必須アミノ酸も含まれています。また、大豆レシチンや大豆サポニン、大豆イソフラボンなど、大豆ならではの多様な栄養も見逃せません。

〈大豆100g中の栄養成分〉

参考:
農林水産省「大豆をめぐる事情」
農林水産省広報HP「aff」

 

02-栽培しやすい

大豆は、寒冷地から赤道に近い熱帯まで、幅広い地域で栽培できます。わずかな肥料で大量生産も可能な上、水の消費量も少ない優秀作物なんです。

参考:
不二製油株式会社HP「大豆の未来」

 

03-さまざまな食品に加工できる

醤油や味噌、大豆油などの伝統的な調味料をはじめ、成熟前の大豆「枝豆」や発芽させた「モヤシ」など、食材としても食べられていますね。
最近では、お肉と同じ食感に加工した「大豆ミート」が健康志向の方やヴィーガンの方に支持されています。

参考:
農林水産省広報HP「aff」より

 

ふむふむ。栄養があって育てやすい。いろんな加工ができるから、こうやって唐揚げにもできるのね。

ふむふむ。栄養があって育てやすい。いろんな加工ができるから、こうやって唐揚げにもできるのね。

そうなんだ。それに大豆製品は地球にも優しいんだよ。世界的に人口が増えているから、食糧不足が心配されているんだけど…。

そうなんだ。それに大豆製品は地球にも優しいんだよ。世界的に人口が増えているから、食糧不足が心配されているんだけど…。

わかった!世界中いろんな土地で栽培できて、いろんな料理に変身できる大豆はスーパーヒーローなんだね!

わかった!世界中いろんな土地で栽培できて、いろんな料理に変身できる大豆はスーパーヒーローなんだね!

当たり!それに、たんぱく質が豊富だから、この先のお肉不足に対しても大豆が代打として注目されているんだよ。

当たり!それに、たんぱく質が豊富だから、この先のお肉不足に対しても大豆が代打として注目されているんだよ。

なるほど。おいしいだけじゃなくていろんな可能性があるのね。

なるほど。おいしいだけじゃなくていろんな可能性があるのね。

でも、まずは“おいしい”というのが大事だよね。「まめからくん」も鶏の唐揚げに負けないくらいの食べごたえでしょ。

でも、まずは“おいしい”というのが大事だよね。「まめからくん」も鶏の唐揚げに負けないくらいの食べごたえでしょ。

 

コープで人気の大豆コンビ!まめからくん・枝豆がんも

まめからくんとは?

大豆たんぱくを醤油、野菜ブイヨンなどで味付け、カラッと香ばしく揚げました。冷めてもおいしいので、お弁当やおやつにもおすすめ。

 

 

枝豆がんもとは?

がんもは一般的には豆腐から作りますが、こちらも大豆たんぱくが原料。たっぷりの枝豆に、ニンジン、キクラゲ、細切り昆布が入っています。さっと煮るだけで、だし汁をたっぷりと吸収して、味が染み込みやすいのも特徴です。

 

製造メーカー不二製油株式会社に聞いてみた!大豆製品の魅力

教えてくれたのは、
不二製油株式会社さん

 

Q どんな大豆を使っているの

北米産、中国産、日本産を使っています。すべて非遺伝子組換え大豆です。栽培、輸送、保管においても厳しい分別管理を行っています。

 

Q 「まめからくん」が生まれたきっかけは?

「大豆をあまり召し上がらない世代の方や子どもさんにも大豆の栄養を手軽においしく摂っていだきたい」というコンセプトで開発しました。大豆たんぱくをいかにお肉の食感、風味に近づけるか、かなり試行錯誤したんですよ。

 

Q 「まめからくん」のおすすめの食べ方は?

レンジ調理もおいしいですが、衣がよりカリっとするトースター調理がイチオシです。そのままでも、スイートチリソースなどのお好みのソースをつけても合いますよ。カレーのトッピングや酢豚風など、アレンジするのもおすすめです。

 

不二製油株式会社さんは、大豆の魅力を伝える食育にも力を入れているんだよ。小学校へ出前授業に行って、「世界の食糧問題と私たちの食」について教えてくれているんだって。

不二製油株式会社さんは、大豆の魅力を伝える食育にも力を入れているんだよ。小学校へ出前授業に行って、「世界の食糧問題と私たちの食」について教えてくれているんだって。

いいなあ。うちの学校にも来て欲しいな。

いいなあ。うちの学校にも来て欲しいな。

枝豆がんもは、凍ったまま簡単に煮物が作れるから重宝するのよね。

枝豆がんもは、凍ったまま簡単に煮物が作れるから重宝するのよね。

そのままオーブンで焼いておつまみにしても、カリカリでおいしいよ。

そのままオーブンで焼いておつまみにしても、カリカリでおいしいよ。

どうも数が減ってると思ったらパパが食べていたのね!でも、おいしそうね。私も真似してみようっと。それにしても、大豆って歴史が古いのに、今でもいろんな新しい製品が生まれているのね。

どうも数が減ってると思ったらパパが食べていたのね!でも、おいしそうね。私も真似してみようっと。それにしても、大豆って歴史が古いのに、今でもいろんな新しい製品が生まれているのね。

もしかしたら未来の食べ物なのかもね!

もしかしたら未来の食べ物なのかもね!

 


自炊を始めた頃、和食に挑戦したいと思いつつ、「難しいかなあ」なんて二の足を踏んでいた私。そんな時にこの「枝豆がんも」を発見しました。めんつゆでぱっと煮るだけで、味がしみしみでジューシー!ちょっと料理上手な気分にひたっていたことを思い出します。最近話題の「まめからくん」は、鶏の唐揚げとの違いがわからないほどのクオリティ。大豆のポテンシャル恐るべしですね!
未来の地球に向けて、より新たな大豆製品が開発されているという話も聞きますし、まだまだ続く大豆の進化が楽しみです。
(SATETO編集部 )

\ この記事をシェアする /

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。