このページの先頭です

できるだけ手づくり 冷たいおやつ

\ ももさんに教わるおやつ /
ホイップして水切りするだけの
ふわふわチーズケーキ

時間のあるときこそ作ってみたい、
とっておきのおやつを求めて

おうちでのんびり食べられるようなおやつが知りたい。あわよくば、ちょっと贅沢な気分になれるような。そんなわがままを聞いてくれそうだと、福岡市近郊の山あいで飲食店を営むももさんのもとを訪ねました。

▲ 週替わりで2種のデザートを提供。タルトには、季節感たっぷりの旬の果物がふんだんに使われています


ももさんに教わるおやつ Recipe

一晩水切りするだけ
ふわふわのチーズケーキ「クレームダンジュ」

さっそくももさんが教えてくれたのは、水切りチーズケーキの「クレームダンジュ」。フランスではガーゼ素材の巾着に包まれて売られているというこのお菓子は、ゼラチンを使わず、生クリーム、クリームチーズ、メレンゲを混ぜ合わせて一晩待つだけで完成するお菓子です。

フロマージュブランを用いることが多いようですが、今回は手に入りやすいクリームチーズを使います。混ぜたらあとは、とにかく待つだけ。時間をかけて水切りすることで生まれる、極上のふわふわ感がくせになります


材料
クリームチーズ 100g
生クリーム 150ml
レモン汁 大さじ1
卵白 1個分
砂糖 40g
お好みでトッピング用のフルーツソースやはちみつなど(適量)
道具
コップ8個(今回使用したのは直径5cmのグラス)
ガーゼ(今回使用したのは30x30cmの四つ折り) 8枚
輪ゴム8個

準備 家にあるグラスとガーゼで器をつくる

水切り用の器を準備する。濡らしたガーゼを堅く絞り、グラスにガーゼを敷いてくぼみをつけ、落ち込まないようにゴムで留めておく。クリームチーズは常温に戻しておく。


作り方
1.クリームチーズ、生クリームを混ぜる

ボウルに、クリームチーズとレモン汁を入れ、だまにならないように生クリームを少量ずつ加えながらしっかり混ぜ合わせる

2.メレンゲをつくる

別のボウルで、卵白に砂糖を2~3回に分けて加えながらハンドミキサーで泡立て、しっかりしたメレンゲをつくる

3.やさしく混ぜあわせる

1のボウルに2を入れ、ゴムベラでさっくり混ぜる

4.冷蔵庫で一晩水切りする

ガーゼを敷いた器に3を入れて、冷蔵庫で一晩(または半日)おいて、水気を切る

5.ソースをかける

グラスからガーゼを取り出し器に伏せ、そっと盛りつける。お好みでフルーツソースやはちみつなどをかけて完成

チーズの種類によっては、あまり水気が出ないものもあるようです。その場合は、グラスごと伏せて取り出しても大丈夫。ちなみに、残った水気はホエー(乳清)と呼ばれる食品のひとつ。何かほかに使い道がありそうなので、今度調べてみよう……。

ももさんに教わったポイント:
■ 水切りするときにジャムを入れると、また新しいおいしさに
「水切りの際、器に移すときに真ん中にジャムなどを入れておくと、でき上がったときにまた違うおいしさが味わえます。季節の果物を添えてもいいですね」
■ ひとつにまとめて水切りする場合は、ザルを使用
「小さなコップやガーゼを用意するのが面倒な場合は、目の細かいザルにキッチンペーパーを敷いて、まとめて水切りもOK」

日本でいうところの「ざる豆腐」のような感覚でできてしまうこのおやつ。時間はかかれど手間いらずで、とてもフランスで「神さまのごちそう」と言われているデザートとは思えません。ですが、ほどよい酸味とフルーツソースの甘み、そして口の中でとろける極上のふわふわの食感を味わえば、それも納得の一品です。そんな贅沢気分のクレームダンジュを、子どもたちとわいわい言いながら、あっという間に完食してしまうというももさん。それもまた一興ですね。ホイップしたらあとは冷蔵庫に入れておくだけの手軽なおやつ。さっそくこの夏、子どもと一緒に作ってみたくなりました。
(SATETO編集部 堀尾 )

教えてくれたのは

中山百代
福岡県糟屋郡で飲食店を営む二児の母。
地元でとれた食材や季節の素材を中心に、ごはんや加工品をつくって提供されています。

コメント

  1. シマ

    動画があってわかりやすかったです。おいしそうですね^_^

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。