このページの先頭です

SATETO食堂 冷凍のハンバーグって、本当においしいの?

今週の献立は、みんなの大好きなハンバーグ。
お料理を担当するのは、編集部のおかあさん的存在のスタッフ佐竹です。さてと、今週の食堂をのぞいてみましょうか!

大好きなメニューに、食べる前からテンション高め

今日のメニュー

●ふっくらジューシー生ハンバーグ
●キャベツときゅうり、カニカマのサラダ
●きのこソテー
●じゃがいも、にんじん、玉ねぎのコンソメスープ

週に1回、みんなでランチを食べるSATETO食堂。今日もお昼前から、お腹を空かせたスタッフたちが次々とキッチンへとやって来ました。

「これ、1人1個ずつ? 豪華やん!」「わ、いいね~」と、早速メインの冷凍ハンバーグに歓声が…。って、この時点ではまだ、焼くのはこれから、、、な状況だったんですけどね(笑)。できあがる前からこのテンションの高さ。さすが、おかずの王様です!
でも「ハンバーグはハンバーグでも、冷凍のハンバーグって、そんなにおいしいの??」って、正直思いませんか?
実は、編集部では愛用者が多い商品だったみたいで、「コレ、冷凍なのに手作りっぽいんだよね」「解凍しなくても、そのまま焼けるから便利」と押しまくるスタッフも…。ま、とりあえず、さっさと作って食べてみましょうか。

さあ、焼き始めますよー

冷凍のまま焼いてもOKなのですが、「生の方がおいしくできるかな?」と、冷蔵庫で解凍してくれていました。フライパンに油を引いて焼こうとしてる佐竹を手伝うため、小袋からハンバーグを取り出そうとすると…。ぐじゃーっ!! な、なんと、やわらかすぎて崩れてしまうではないですか。え?あれ??とアタフタしながら、包材裏の説明書きを確認すると…。なーんだ!取り出し方がちゃんと書いてありました。ハサミで切り込みを3ヵ所に入れると、上手に取り出せるみたい。てへへっ。説明はちゃんと読まなきゃ、ですね。ちなみに、あるスタッフは、作り方の説明を見るのが面倒で、いつもオーブンで焼いているとか。なるほど、ラクちんだし、おいしく焼けそうだし、それもありかも。

半端ないふくらみ具合! 正直、びっくりです

「わ~、ふっくらー!」という佐竹の声に、キッチンにいたスタッフが集まってきました。フライパンで焼き始めてしばらく経つと、ハンバーグの横幅分がググっと中央に寄ってきて、こんも~り、ふっくらと盛り上がってきたのです。これには、みんなびっくり!! 「最初はぺたんこ、だったよね?」と、生のハンバーグと厚さを比べてみました。調理前後で、倍の厚さにふくらんだみたい。

調理前の厚さは約12mm、調理後の厚さは約24mm。

ソースは、ちゃちゃっと手作り

ハンバーグはうっすらと味が付いているので、今日はこのまま食べるつもりだったそうなんです。でも、「ソースは何味ですか?」というスタッフのひと声から、「やっぱり、ソースもあった方がいいよね?」と、急きょ作ることに。ハンバーグを焼いた後の肉汁に、ウスターソース、ケチャップ、赤ワインを加えて煮詰めるだけであっという間に完成! ちなみに、味が足りないときには、しょうゆを足すと、味がグッと締まります。…と、佐竹おかあさんが教えてくれました。

さてと、冷凍ハンバーグのお味は?

さてさて、お味はどうだったのでしょう? やさしい味でふっくらとした仕上がりだったからかな。私はたねから手作りする派だけど、正直「これなら手作りしたって言ってもバレないかも」と思いました。編集部では、「焼くだけなのに手作りっぽい」「ジューシーでやわらかい!」「もっと粗挽き感が欲しいっ」という声も。そうそう、お料理当番の佐竹は、「バンズを買っておけばよかったなー」と後悔していました。確かに、パンにもとっても合いそう! ハンバーガーを作るときには、手軽にできる冷凍ハンバーグがぴったりですね。

箸をいれると中から肉汁がじゅわ〜と広がりました。

サラダはこってり系の深煎り胡麻ドレッシングで味付け。今日は蒸し暑かったので、急きょマヨネーズを加えてさっぱりとした味わいになっていました。

他にもこんな声が聞こえてきました〜
「チルドのものと違い、手作りしたのと遜色ない自然なおいしさ」
「手作り感があって自分で作ったと言いたくなる味!」
「冷めても柔らかくてジューシーなので、うちは高校生男子のお弁当にどかーんと載せてます!もう少し大きな高校生男子向けサイズがほしい」
「お肉がオーストラリア産なのが気になるけど、この価格なら、ま、いっか」

と、見た目も味も、手作りっぽいところが好評のよう。これなら、家庭の食卓に出しても、冷凍ものとは気づかれないかもしれませんね(笑)
さてと、来週のお昼もお楽しみに!

(SATETO編集部 門司)

本日使用したコープ商品はこちら

ふっくらジューシー生ハンバーグ 4個入り(400g)

焼くだけで、まるで手ごねの食感
肉汁を閉じ込めるように二重に包み込む「おまんじゅう製法」で、ふっくらジューシーな仕上がりを実現しました。フライパンで焼くだけだから簡単。便利な個包装です。

ふっくらジューシー生ハンバーグ 4個入り(400g)

焼くだけで、まるで手ごねの食感
肉汁を閉じ込めるようにひき肉ダネを二重に包み込む「おまんじゅう製法」で、ふっくらジューシーな仕上がりを実現しました。フライパンで焼くだけだから簡単。便利な個包装です。

深煎り胡麻ドレッシング550ml

3種のごまで濃厚に仕上げました
プチプチの粒ごま、風味豊かなすりごま、なめらかさを出すねりごまと、3種のごまを贅沢に使用。ごまの濃厚な風味が味わえる、コクのある味わいです。

深煎り胡麻ドレッシング550ml

3種のごまで濃厚に仕上げました
プチプチの粒ごま、風味豊かなすりごま、なめらかさを出すねりごま、と3種のごまを贅沢に使用。ごまの濃厚な風味が味わえる、コクのある味わいです。

(料理当番 佐竹)

スタッフから「ハンバーグのおまんじゅう製法って、どうやって思いついたんだろう?」という質問があったので、コープの担当者に聞いてみました。「ジュワッとした肉汁を閉じ込め、ふわっと焼きあがるハンバーグを作りたい」と言う想いから、「包餡機」の活用というアイデアにつながったそうです。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。