このページの先頭です

いつものお弁当 白のすき間おかず じゃがいも編

頼れるじゃがいも、いろいろ

お弁当の彩りアップも狙えて、サッと作れるちいさなおかずを、赤・緑・黄・黒・白の色別にご紹介します。じゃがいもは、家庭で常にストックされている野菜のひとつ。お弁当に入れるものが思いつかないときでも、アイデア次第でいろんなすき間おかずに大変身します。

白のすき間おかず INDEX
1.頼れるじゃがいも、いろいろ←今回はここ
2.定番から代わり種まで、ちくわおかず

少ない油でパリパリ!
ハッシュドポテト

材料:
じゃがいも1個/塩 適量/油 大さじ2/バター 大さじ1

作り方:
油とバターを熱したフライパンに、千切りにしたじゃがいもを置き弱火で両面約5分間揚げ焼きにする。表面がパリッとしてきたらキッチンペーパーで油分を吸い取り塩を振る。お好みでケッチャプを付けても。

ひとこと

じゃがいものデンプンによって成形しやすくなるので、
切った後に水にさらすのはNG!

カットする野菜を減らして手軽さUP!
ツナとコーンのポテトサラダ

材料:
じゃがいも 中2個/ツナ缶 1/2缶/コーン 1/2缶(約50g)/マヨネーズ 大さじ3/塩・黒胡椒 少々

作り方:
じゃがいもを2センチ角に切って茹でる。柔らかくなったらしっかりと水気を切り、熱いうちにマッシュ。油を切ったツナ、コーンを加えて混ぜ、塩と胡椒で味を整える。

ひとこと

いつものポテトサラダを自分流にアレンジする感覚で、
食材を色々試してみても◎

レンチンで簡単に!
ポテトのミニグラタン

材料:
じゃがいも 小1個/マヨネーズ 大さじ1/牛乳 小さじ1/2/塩・胡椒 少々/パルメザンチーズ 少々/ドライパセリ(あれば) 適量

作り方:
じゃがいもは2センチ角に切って耐熱皿に入れ、竹串がすっと通るくらいまで加熱したら、マヨネーズ、牛乳、塩、胡椒をからめる。カップに入れてパルメザンチーズを散らし、トースターで焼き色をつける。

ひとこと

お好みでベーコンや余った野菜を入れたり、
粉チーズや明太子などをトッピングしても◎

お弁当に入れる時は変色を防ぐために、カット後は水にさらしてアク抜きをしましょう。レンジ加熱や冷凍ポテトを上手に使えば、皮をむいたり茹でたりする手間もかかりません。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。