このページの先頭です

できるだけ手づくり 子どもとつくるおやつ

\ 料理家コンドオミユキさんに教わるおやつ /
子どもとつくる 豆腐の水晶寒玉

子どもと一緒におやつを作りたい。
ヘルシーだったら、なおのことよし!

家事が落ち着く休日のお昼時は、子どもと一緒にゆっくりとおやつでも作れたら最高です。いつものゼリーじゃちょっと物足りないし、子どものおやつには、できるだけ栄養価のある素材を使いたい。
そんな母心を叶えてくれる、簡単に作れて、身体にやさしいおやつを、料理家のコンドオミユキさんに教えてもらいました。

▲ 身近な材料を使った料理や、おやつ作りが得意なコンドオさん。気さくな人柄に惹かれて、コンドオさんのお宅には昔ながらの友人がよく集まっています。


料理家コンドオミユキさんに教わるおやつ Recipe

いつもの豆腐が、ぷるぷるデザートに早変わり
豆腐の水晶寒玉

コンドオさんが教えてくれたのは、絹ごし豆腐を寒天で固めたヘルシーなデザート。コロンとした見た目のかわいらしさからは、これが豆腐からできているとは想像もつきません。シロップをかければ、キラキラ輝く水晶のよう。レモンの爽やかな甘酸っぱさがたまりません。

わが家のホームパーティーでのデザートによく作っています。気軽に作れて見た目は華やか。食事のあとにさっぱりといただけるので、好評ですよ。


材料(2人前・4個)
水  250cc
粉寒天 2g
絹ごし豆腐 50g
メープルシロップ 大さじ2
レモン汁 大さじ1
クコの実(トッピング用) 適宜

コンドオさんからのアドバイス:
■ シロップとレモン量はお好みで
シロップの量を控えめにすれば、さっぱりとした大人の味に。レモンを少量にすれば子ども向けの甘酸っぱい味になるので、好みに合わせて加減してください。メープルシロップがない場合は、ハチミツをお湯で溶いて加えたものでも合いますよ。


作り方
1.まずはシロップづくり

クコの実、メープルシロップ、レモン汁を合わせる。

2.寒天(かんてん)を溶(と)かすのはママにおまかせ

分量の水と粉寒天を鍋に入れ溶かし1~2分沸騰させる。

コンドオさんからのアドバイス:
粉寒天は沈みやすいので、鍋底から混ぜながら煮溶かします

3.ぐちゃぐちゃしても怒(おこ)られないよ!

2の火を止め、豆腐を細かめに崩して入れる。

コンドオさんからのアドバイス:
豆腐をコップに入れてフォークで潰したり、ビニール袋に入れて手でぐちゃぐちゃにしてもOK。なるべく細かく潰してください

4.熱(あつ)いから気(き)をつけて

1のシロップを大さじ1のみ加え(クコの実は入れない)、粗熱をとる。

5.そっと型(かた)に流(なが)し入(い)れて

カップなどにラップを敷いて、4を静かに流し入れる。

6.ゴム結(むす)びの練習(れんしゅう)にもなるね

口の部分をひねり、ゴムなどでくくり、冷蔵庫で冷やし固める。

7.盛(も)り付(つ)けもご一緒(いっしょ)に

固まった4のひねったラップの部分をハサミなどでカットし、中身を器に盛り付け、1の残りのシロップとクコの実をお好みでかけて完成です。

コンドオさんからのアドバイス:
■ クコの実でアクセントを
今回は、クコの実をトッピングにしました。白い寒玉だけだと寂しい印象になりますが、のせるだけでパッと華やぎ、食欲そそる色合いに。シロップ漬けにしておくことで、柔らかく食べやすくなります。
なければ好みのフルーツを添えるだけでも◎

▲ おやつ作りも遊びの一部、できあがりを待つワクワクも楽しい時間です。自分で作ったデザートはいつも以上においしかったようで、あっという間に平らげくれました。


子どもにとって「おやつ」とは、体と心を成長させてくれる大切な存在。だからこそ、少しでもやさしい素材を使いたいですよね。豆腐が主役のデザートは、栄養もとれる理想的なおやつ。カロリーが気になる最近の私にもぴったりで、これから出番が増えそうな予感です。
( SATETO編集部 いはら )

教えてくれたのは

料理家 コンドオミユキ
イートプランナーとして、レシピ制作や食品撮影スタイリング、器のコーディネート等を中心に活動。イラストレーター、美容家としての一面も持ち、「食」と「美」を中心とした「暮らしを楽しむ提案」を発信している。コープ組合員歴16年、「ただの炭酸水」がお気に入り。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。