このページの先頭です

私たちにとって、とても身近な食材のひとつ、卵。焼いたり、茹でたり、もちろん生のままでも、調理法は多様性に富んでいる上、栄養価も高い頼れる食材です。今日はそんな卵の、知っているようで知らない様々な知識をご紹介します。卵とより仲良しになって、日々の食卓に少しでもお役に立ちますように。

 

 

卵が一般的に食べられるようになったのは、江戸時代頃からと言われています。養鶏の技術もほとんど開発されていない当時は卵の流通量自体が少なく、高級品のひとつとされ、卵の値段は1個あたり400〜500円もしたという記録が残されているほど。そのため卵を食べることができるのは、将軍家でのおもてなしや、お見舞いの贈答品など、ごく限られた場合にしか口にすることができなかったとか。

卵が一般的に食べられるようになったのは、江戸時代頃からと言われています。養鶏の技術もほとんど開発されていない当時は卵の流通量自体が少なく、高級品のひとつとされ、卵の値段は1個あたり400〜500円もしたという記録が残されているほど。そのため卵を食べることができるのは、将軍家でのおもてなしや、お見舞いの贈答品など、ごく限られた場合にしか口にすることができなかったとか。

 

Q1 たまごの賞味期限、過ぎたら食べられないの? Q1 たまごの賞味期限、過ぎたら食べられないの?

A.賞味期限は、生で食べられる期限です。 A.賞味期限は、生で食べられる期限です。

意外に卵は日持ちが良い食品であることを知っていますか? 卵殻膜(殻の内側の薄膜)は雑菌の侵入を防ぐ働きを持つため、しっかりと殻に包まれている卵は賞味期限が切れてしまっても一定の期間は食べることができます。農林水産省によると、夏場は産卵後16日以内、春秋は25日以内、冬場は57日以内(※)とされています。ただし、賞味期限を過ぎたものは、加熱をして召し上がってくださいね。
※一定の環境条件を満たす場合

 

Q2 赤と白のたまご、栄養も違うの? Q2 赤と白のたまご、栄養も違うの?

A.殻の色の違いは、鶏の種類の違いです。 A.殻の色の違いは、鶏の種類の違いです。

「赤い卵のほうが美味しいんじゃない?」なんて言葉もちらほら聞いたことがありますが、 実は卵の殻の色は鶏の種類によって違うだけ。殻の色は、味や栄養価とは関係ありません。

 

Q3 保存方法は冷蔵?常温? Q3 保存方法は冷蔵?常温?

A.お家では、冷蔵保存がおすすめです。 A.お家では、冷蔵保存がおすすめです。

店頭では常温で販売されていることが多い卵ですが、その理由は結露による傷みを防ぐため。温度変化に弱い卵は、結露することによって中に雑菌が侵入する可能性があるのです。逆を言えば、温度変化に気をつければ常温保存でも大丈夫。とはいえやっぱり冷蔵保存が無難。より長持ちさせるため、卵黄が安定しやすいようとがった方を下にし、ひび割れを防げるようパックごと保存することをおすすめします。

 

コープのたまごについて
もっと知りたい方はこちらのページをチェック

coop web labo coop web labo

 

\ この記事をシェアする /