このページの先頭です

SATETO食堂 こんにちは。SATETO食堂です。

SATETO編集部のキッチンスペースでは、週に一回編集部のみんなでランチをする日があります。カタログに載っているコープ商品を、編集部スタッフが試作。みんなで味見しながら感想を交換しています。
商品の作り方や味わいを知ることができるのはもちろん、スタッフ同士のちょっとした交流の場にもなっています。お昼時になると、おいしそうな匂いにつられて、お腹をすかせたスタッフが次々とキッチンを覗きに来るんですよ。

食堂で出たみんなの声を、ここで少しずつご紹介できたらとおもいます。
さてと、今日はどんなお昼だったのでしょうか? お料理当番、スタッフ佐竹が紹介します。

本日のお当番:佐竹けいこ

コープ利用歴25年以上(なんと四半世紀!)という、コープ商品を知
り尽くしたベテラン主婦。若手スタッフの、頼れるお母さん的存在で
もあります。

コープ利用歴25年以上(なんと四半世紀!)という、コープ商品を知り尽くしたベテラン主婦。若手スタッフの、頼れるお母さん的存在でもあります。

タレだけで茶碗一杯いけちゃう ごはんのおかわり続出メニュー

今日のメニュー

●豚角煮トンポーロー
●玉ねぎ、じゃがいも、きのこのお味噌汁
●佃煮
●ごはん

トンポーローに小松菜を添えて

本日のメインは、組合員さんから人気が高い「やわらか豚角煮トンポーロー」です。とろんとした豚バラを甘辛く煮込んだ味わいは、人気のとおりの、間違いのないおいしさ。しかもお箸で切れる柔らかさです。家でも角煮を作るのですが、時間かけた割には「何?このパサパサ感」なんてこともしばしば。それが湯せんをするだけで・・・。本当に便利な商品です。家族にもこの味は人気で、たまに遠方に暮らす息子に送ったりもしていますよ。

かつお節のだしと白だし、みりんを使って、小松菜を煮浸しにして添えました。ご家庭で作る時には、余ったタレを好みの味に薄めて煮るのがおすすめ。白ネギを煮たり、ゆで卵を煮て味玉にしてもいいですね。
ひとり1袋(5枚入り)使うといいのでしょうが、人数が多くなると家計に響きますよね。そういう時はタレがたっぷり染みた味玉を添えて、ボリュームアップ大作戦です。

だしに使ったかつお節と昆布もいただきます

お味噌汁は、昆布でだしをとった後、粉末のだしも加えて風味を出しました。具は、玉ねぎとじゃがいも、エリンギです。くたっとなった玉ねぎが、みそ汁にほどよい甘みを加えてくれるやさしい味のお味噌汁です。

煮浸しやお味噌汁のだしに使ったかつお節と昆布は、佃煮に変身。ごま油で炒めて水分を飛ばしたら、みりんと醤油で甘辛く味をつけ、最後にすりゴマを加えて風味たっぷりに仕上げます。だしで使った昆布やかつお節を「後から使おう」と冷蔵庫に入れてしまうと、そのまま忘れてしまうことも…。私は、その都度「佃煮」にして使い切ってしまいます。朝食のおにぎりの具にも使えて便利ですよ。

▲ 各自セルフで、ごはん、みそ汁、トンポーローを取り分けます。

▲ トンポーローの甘辛いタレをもっとかけたくなって、「タレもらっていいですか?」の一声が。ついにテーブルの真ん中に、どーんと置かれました。

▲ 結構味が濃いめなので、ごはんにのっけて食べるのが丁度いい感じ。「ごはんが進みすぎる〜」とうれしい悲鳴が聞こえてきました。

「やわらか豚角煮トンポーロー」に寄せられた声の一部をご紹介します。

「豚の角煮を家庭で作るとなるとかなり大変なので、手軽に本格的な味を楽しめるのはとても良い!しかも切る手間さえないのはありがたい」
「おいしいのは前提として、希望を言うと①もうちょっと厚みがほしい②家庭4人だと2袋でも足りないので大袋がほしい③残ったタレのアレンジを教えて欲しい」 「程よい甘さでおいしかった。箸でほろっと切れる柔らかさもgood!ただお値段が…もう少し安いと使いやすいと思う。」
・・・などなど。
おいしい、少し厚みがあったら、価格がもう少し求めやすかったら、余ったタレがもったいない…等、みなさんの感想はだいたい一緒。20代ひとり暮らしの人もいれば、50代前後の育ち盛りの子どもを持つお母さんもいて、年齢も暮らしのスタイルもバラバラなスタッフですが、食べ物の話に関して年齢差はほとんどないですね。

さてと、次回はどんなメニューにしましょうか。

本日使用したコープ商品はこちら

やわらか豚角煮トンポーロー

柔らかさの秘密は三段煮込み製法
本場中国のトンポーローにならい、皮付豚バラ肉(三枚肉)を使用することでゼラチン質を含んだトロっとした食感を実現。 三段階に分けて長時間煮込むことにより、余分な脂は徹底的に落としながらうま味はお肉にとじ込めました。

やわらか豚角煮トンポーロー

柔らかさの秘密は三段煮込み製法
本場中国のトンポーローにならい、皮付豚バラ肉(三枚肉)を使用することでゼラチン質を含んだトロっとした食感を実現。 三段階に分けて長時間煮込むことにより、余分な脂は徹底的に落としながらうま味はお肉にとじ込めました。

(SATETO編集部 佐竹)

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。