このページの先頭です

みんなで囲むお弁当 パパッと詰めて運動会に持っていきたい サンド弁当とそうめん弁当

運動会や行楽など、お弁当を作る機会が増える季節。家族でお弁当を囲むのは楽しいけれど、何を詰めたらいいのかちょっと悩ましいですよね。
今回は、行楽や運動会のちょっとしたお弁当アイデアをご紹介します。
お味は各自お好みで パーティなパンサンド

みんなで囲むお弁当にワクワク感をプラスしたい時は、セルフでサンドイッチづくりはいかがでしょう?  ツナ、ハム、チーズ、レタスなど、好きな具をサンドして、アウトドア気分でパクッ。用意するのは具材とパンだけだから準備も簡単で、セルフスタイルで子どもたちのワクワク感もアップしますよ。

\ ポイント /

■ 野菜は水分をしっかり拭き取る

■ サンドしやすいサイズにカットする
(トマトなどの水分が多い野菜は現地でカットするのがおすすめ)

■ パンは切り込みを入れて、乾燥を防ぐためにビニール製の袋またはプラスチック製のボックスで持ち運ぶ

■ バター、ソース、マヨネーズなどは、蓋付きの保存カップが便利

■ ハムやチーズなど加熱しないものは、現地で開封・カットするのがベスト

■ かぼちゃのマッシュサラダなどのペースト状の具材は、サンドしたときにまとまりやすくなるので、一品あると◎

※季節によって痛みやすい食材やソースは保冷剤をお忘れなく

ハム レタス きゅうり スライストマト チーズ とんかつ かぼちゃのサラダ フルーツ ピクルス
「暑すぎて食欲がない」ときはみんなでそうめん

豪華なお弁当を作ったけど、バテてフルーツばかりが減っていく……なんてことも起こりかねないのが、初夏や秋の運動会。そんな時は、「そうめん弁当」はいかがでしょう? 茹でたそうめんを小分けにしておけば、わんこそば感覚でツルツルと食べられます。ハムや錦糸卵などお好みの具はまとめて別容器に入れておくか、あらかじめトッピングしておくと見た目も一層華やかになります。

\ ポイント /

■ 茹でたそうめんは冷水でよく洗い、しっかり水気を切る

■固まらないうちにフォークでクルクルッとまるめてカップにイン!

■ 濃縮タイプのつゆの場合は割り水を忘れずに。つゆを凍らせて持っていくと、保冷剤代わりとしても便利です◎

ハム きゅうり しいたけ 錦糸卵 トマト ごま しそ

手間が少なく、食べる時にも盛り上がる「そうめん弁当」、いかがでしたか? 注意したいのは、日中の気温が上がると心配な食中毒。お弁当をつくる時、食べる前には必ず手を洗う、火をしっかり通しておく、保冷バックや保冷剤は必ず使用するなど、衛生面にも気をつけましょう。抗菌シートなどの利用もおすすめですよ。

料理スタイリング・アドバイス/ 藤木良美(フードコーディネイター・栄養士)
文/ 堀尾(SATETO編集部)

コメント

  1. ぷにこ

    そうめん弁当いいですねー!今年はチャレンジしてみます!

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。