このページの先頭です

冷凍ほうれん草っておいしいの? 安全なの? 一体どうやって作られているの??  いろいろな疑問がありますよね。今回は、そんな疑問に、冷凍ほうれん草を製造するメーカーの方に、ズバリ答えていただきました。

冷凍ほうれん草 INDEX
1.冷凍ほうれん草の3つのいいこと
2.この手軽さ手放せない 冷凍ほうれん草活用レシピ
3.もっとおしえて冷凍ほうれん草←今回はここ

\ お答えします /

九州のカットほうれん草 製造元 有限会社畑中物産 工場長 前田さん

青果で売っているほうれん草と同じ種類なの?

A. 冷凍加工用の大きくて栄養価の高いほうれん草を使っています。

青果として出荷できなかったものを利用するのではなく、最初から冷凍加工用として大きく育てた肉厚のほうれん草を使っています。青果用が通常、20~30cmで収穫されるのに比べ、冷凍加工用は35~40cm まで待ってから収穫します。 長い期間、畑でじっくりと育つため、甘みもより濃くなるというわけです。

日持ちするってことは、保存料が使われてるってこと?

A. いいえ。
マイナス18℃以下の低温保存にあります。

冷凍ほうれん草は、新鮮なほうれん草を低温で急速に凍結して、おいしさや品質を保っています。生産から販売までマイナス18℃以下の低温状態で管理しているので、腐敗や食中毒の原因となる細菌が繁殖する心配がありません。だから、保存料を使わなくても日持ちするのです。

美しすぎる緑色のほうれん草、着色してるの?

A. 着色はしません。それはプランチングのなせる業です。

着色は一切していませんよ。ほうれん草を洗浄した後、ブランチングという工程があります。「九州のカットほうれん草」の場合は、95℃以上の蒸気で1分間ほど蒸しています。茹でるのではなく短時間蒸すことで、ほうれん草の持つ風味や鮮やかな緑色を生かすことができるのです。

冷凍することで栄養は減らないの?

A. うまみや栄養を壊さないよう、急速冷凍しています。

低温で急速凍結することで、ほうれん草の細胞組織にできる氷の結晶が小さくなります。組織が壊れにくく、甘みや栄養素が損なわれません。

九州のカットほうれん草
九州の肥沃な大地で育ちました
契約農家が栽培した九州産(鹿児島県・宮崎県)のほうれん草のみを使用。葉は大きくて厚く、茎も太いので、ほうれん草の味わいと食感がそのまま残っています。
ちょこちょこ使いに便利です
料理に使いやすい約4cmサイズにカットしてバラ凍結。下ゆで・あく抜きの必要もなく、使いたい分だけ取り出したら、チャックシールでしっかり閉じて冷凍保存できます。
安定した価格も魅力のひとつ
1袋(500g)に、約3束分(15株程度)のほうれん草が入っているから、野菜が高騰する時期のストックにも便利です。

コメント

  1. fumisan

    とっても便利。アク抜きで茹でる手間が無いし、価格も一定なので良く使います。お味噌汁の青みや、お弁当の隙間おかずになど使用します。

  2. kankan

    ほうれん草は足が早いので、いつでも使えるのがとても便利です! 離乳食や彩りで少し加えたい時にパッと使えるので常備することにしました。

  3. さくらんぼ

    離乳食用に購入しました☆凍ったまま袋に必要分入れて、麺棒などで叩くと刻まなくても細かくなるのでとても便利ですよ‼

  4. キョン

    とにかく便利で、必ず冷凍庫には常備しています(*^^*)オムレツに入れたり、青みが欲しい時にもすぐに使えてホントに助かっています(o^^o)

他のコメントも見る

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。